森のサステイナブル・エコノミー―現代日本の森林問題と経済社会学 [単行本]
    • 森のサステイナブル・エコノミー―現代日本の森林問題と経済社会学 [単行本]

    • ¥3,520106ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002890414

森のサステイナブル・エコノミー―現代日本の森林問題と経済社会学 [単行本]

価格:¥3,520(税込)
ポイント:106ポイント(3%還元)(¥106相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:晃洋書房
販売開始日: 2017/11/24
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

森のサステイナブル・エコノミー―現代日本の森林問題と経済社会学 の 商品概要

  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 ローカル・マーケットの危機としての森林問題
    第2章 経済社会学の射程―森林の危機を問う新しいアプローチ
    第3章 木材供給の安定的確保
    第4章 「質の林業」という選択
    第5章 木材市場の転換
    第6章 「近くの山の木で家をつくる運動」の形成―徳島県下の森林所有者の取り組みから
    第7章 ローカル・マーケットの修復による森林再生―兵庫県「かみ・裏山からの家づくり」の試みから
    第8章 戦後森林政策の「意図せざる結果」としての森林の危機―グローバル化という閉塞
    終章 森林の危機と経済社会学
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    大倉 季久(オオクラ スエヒサ)
    1976年新潟県生まれ。2009年法政大学大学院政策科学研究科博士後期課程修了(博士・政策科学)。桃山学院大学社会学部准教授。専攻は経済社会学、環境社会学。主要業績、「林業問題の経済社会学的解明―徳島県下の林業経営者の取り組みを手がかりに―」(『社会学評論』57(3)、2006年、第6回日本社会学会奨励賞“論文の部”受賞)など

森のサステイナブル・エコノミー―現代日本の森林問題と経済社会学 の商品スペック

商品仕様
出版社名:晃洋書房 ※出版地:京都
著者名:大倉 季久(著)
発行年月日:2017/11/20
ISBN-10:4771029385
ISBN-13:9784771029385
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:社会
ページ数:205ページ
縦:22cm
他の晃洋書房の書籍を探す

    晃洋書房 森のサステイナブル・エコノミー―現代日本の森林問題と経済社会学 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!