共感のレッスン―超情報化社会を生きる [単行本]
    • 共感のレッスン―超情報化社会を生きる [単行本]

    • ¥1,62049ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002892386

共感のレッスン―超情報化社会を生きる [単行本]

価格:¥1,620(税込)
ポイント:49ポイント(3%還元)(¥49相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:集英社
販売開始日:2017/12/15
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 35955位

共感のレッスン―超情報化社会を生きる [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    情報に囲まれるほど、人は孤絶していく―。今こそ必要なコミュニケーションの原型を探る刺激的な対論。「わたし」と「あなた」の間に在るものとは?
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    グローバル・ブレイン
    自己免疫反応―自己と非自己はどう区別されるのか
    なぜ人が感じていることが分かるのか
    遺伝子なんか関係ない!?
    「わたし」は身体の内にも外にも存在している
    接続された女
    恋人選びの心と性の未来
    記憶は脳の外に存在する?
    ホメ・デメンス(錯乱するヒト)
    人はなぜ夢を見るのか
    旅する身体
    転生を生きる
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    植島 啓司(ウエシマ ケイジ)
    1947年東京都生まれ。宗教人類学者。京都造形芸術大学空間演出デザイン学科教授

    伊藤 俊治(イトウ トシハル)
    1953年秋田県生まれ。美術史家。東京藝術大学美術学部先端芸術表現科教授
  • 内容紹介

    デジタル化が浸透し、脳や意識の次元に多くが委ねられている今、人間本来のコミュニケーションのあるべき姿を追究する。身体性や無意識に着目し、自己と他者の境界に新たな光をあてる刺激的な対論。

共感のレッスン―超情報化社会を生きる [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:集英社
著者名:植島 啓司(著)/伊藤 俊治(著)
発行年月日:2017/12/20
ISBN-10:4087711277
ISBN-13:9784087711271
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:195ページ
縦:19cm

    集英社 共感のレッスン―超情報化社会を生きる [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!