歴史をつくった洋菓子たち―キリスト教、シェイクスピアからナポレオンまで [単行本]
    • 歴史をつくった洋菓子たち―キリスト教、シェイクスピアからナポレオンまで [単行本]

    • ¥2,59278ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2018年12月20日木曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002894126

歴史をつくった洋菓子たち―キリスト教、シェイクスピアからナポレオンまで [単行本]

価格:¥2,592(税込)
ポイント:78ポイント(3%還元)(¥78相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2018年12月20日木曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:築地書館
販売開始日:2017/12/11
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 187039位

歴史をつくった洋菓子たち―キリスト教、シェイクスピアからナポレオンまで の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    洋菓子の文化が花開く18、19世紀のパリとウィーン。お菓子の都で、洋菓子職人(パティシエ)たちは、今に伝わる洋菓子の傑作をどのように発明し、工夫し、世界中に広がる文化へ昇華させていったのか。クレープ、アップルパイ、ザッハトルテなど身近な洋菓子たちとともに、皇帝、国王、貴族、市民富裕層とパティシエとの関係から、イチゴのショートケーキの由来までを豊富なエピソードを交えてひもとく。
  • 目次

    第一部 文化史としての洋菓子の歴史
    信仰
    パティシエ
    アントナン・カレーム
    洋菓子伝説の背後にあるもの

    第二部 おしゃべりな洋菓子たち
    episode1 ガトー・デ・ロワ
    エピファニー
    フェーヴの由来
    ガレット
    トウェルフス・ナイト
    episode2 クレープ
    世界でもっとも有名なデザート
    クレープ占い
    ついでにワッフルのこと
    コラム◎ハチの巣? それともクモの巣?
    episode3 アップルパイ
    アップルパイはアメリカ人の魂?
    アップルパイのふるさと
    アップルパイの仲間たち
    コラム◎リーフパイはパイじゃない?
    episode4 エクレール
    エクレールの伝説
    稲妻のごとく素早く食べる?
    シューとキャベツの微妙な関係
    学術的でちょっとはしたないシューの話
    episode5 ヴォローヴァン
    風のように軽やかに
    ミル・フイユはナポレオン?
    フイユタージュの源流を訪ねる
    コラム◎伝説の中に真実あり──カレームのシャルロット
    episode6 ザッハトルテ
    ザッハ家のふたつの野心
    甘い戦争
    episode7 マドレーヌ
    小さな村の偉大なお菓子
    帆立貝とマドレーヌのもうひとつの伝説
    富者への憧れ
    コラム◎ハチミツから砂糖へ
    episode8 ブリオシュ
    パン? それともお菓子?
    外国生まれの人気者
    謎の美女が売る謎のお菓子
    episode9 パンプキン・パイ
    ソウル・ケーキからパンプキン・パイへ
    パイの話
    もう少しパイの話
    コラム◎二四羽の黒つぐみ
    episode10 サヴァラン
    創作? それとも単なる物まね?
    食いしん坊の王様の大好物
    銘菓サン・トノレを巡るあれこれ
    コラム◎ショートケーキのショートって何?
    episode11 ビュッシュ・ド・ノエル
    風習は廃れ、お菓子は栄える
    プディングにこめられた英国人の情熱
    episode12 パン・デピス
    歴史の重みが詰まったお菓子
    サンタクロースって誰?
    魔女の家からトニーのパンへ
    コラム◎黒い森のケーキ
    episode13 タルト・タタン
    失敗は成功の母
    田舎町から花の都パリへ
    タルトに関するあまり学術的でない考察
    episode14 ビスケット
    ビスケットとクッキーは別のもの?
    ケーキの話
    ケーキが生み出す新しい文化

    あとがき
    参考資料
    索引
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    長尾 健二(ナガオ ケンジ)
    1949年東京生まれ。(社)日本洋菓子協会連合会にて30年近くにわたって洋菓子専門月刊誌『ガトー(GATEAUX)』の編集に携わった後、退職してからはフランス料理を中心とする食文化史の探求に専念する。また、併せて洋菓子の由来と歴史に関する古今の資料収集にも力を注ぐ
  • 出版社からのコメント

    18、19世紀の西洋で、今に伝わる洋菓子の傑作はどのように発明され世界に広がる文化になったのか。豊富なエピソードでひもとく。
  • 内容紹介

    洋菓子の文化が花開く18、19世紀のパリとウィーン。
    お菓子の都で、洋菓子職人(パティシエ)たちは、今に伝わる洋菓子の傑作をどのように発明し、工夫し、世界中に広がる文化へ昇華させていったのか。
    クレープ、アップルパイ、ザッハトルテなど身近な洋菓子たちとともに、皇帝、国王、貴族、市民富裕層とパティシエとの関係から、イチゴのショートケーキの由来までを豊富なエピソードを交えてひもとく。
  • 著者について

    長尾 健二 (ナガオ ケンジ)
    1949年東京生まれ。
    (社)日本洋菓子協会連合会にて30年近くにわたって洋菓子専門月刊誌『ガトー(GATEAUX)』の編集に携わった後、
    退職してからはフランス料理を中心とする食文化史の探求に専念する。
    また、併せて洋菓子の由来と歴史に関する古今の資料収集にも力を注ぐ。
    著書『ガストロノミー──フランス美食革命の歴史』(韓国B&Cワールド社刊、2012年)

歴史をつくった洋菓子たち―キリスト教、シェイクスピアからナポレオンまで の商品スペック

商品仕様
出版社名:築地書館
著者名:長尾 健二(著)
発行年月日:2017/12/22
ISBN-10:4806715492
ISBN-13:9784806715498
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:外国歴史
言語:日本語
ページ数:305ページ
縦:20cm

    築地書館 歴史をつくった洋菓子たち―キリスト教、シェイクスピアからナポレオンまで [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!