日本の介護―経済分析に基づく実態把握と政策評価 [単行本]
    • 日本の介護―経済分析に基づく実態把握と政策評価 [単行本]

    • ¥4,104247ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2019年5月21日火曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002897474

日本の介護―経済分析に基づく実態把握と政策評価 [単行本]

価格:¥4,104(税込)
ポイント:247ポイント(6%還元)(¥247相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年5月21日火曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日:2017/12/08
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 341909位

日本の介護―経済分析に基づく実態把握と政策評価 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    要介護者を誰が介護するのか―同居率低下という誤解?介護費用の実態はどうなっているのか?今後の介護費用の増加を抑制するために何をすべきか?介護保険制度は「介護の社会化」をもたらしたのか?これからの介護保険制度に望むこととは?介護の実態を経済学の視点から解明。膨大なデータによる実証分析から実態を明らかにし、「今後の介護の在り方」を追求する。
  • 目次

    序 章 介護問題を考える──本書の目的と構成
    第1章 高齢社会と介護問題
    第2章 日本の介護制度と経済理論
    第3章 高齢者の世帯構造──同居率減少という誤解
    第4章 さまざまな介護サービスの提供実態
    第5章 介護保険利用者から見た要介護者の実態
    第6章 介護保険導入と女性の労働供給
    第7章 併設ケアマネージャーによる需要誘発の検証
    終 章 今後の介護政策に向けて
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    中村 二朗(ナカムラ ジロウ)
    慶應義塾大学大学院商学研究科修士課程修了。日本大学総合科学研究所教授(専攻:労働経済学)

    菅原 慎矢(スガワラ シンヤ)
    東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得満期退学、博士(経済学)。東京理科大学経営学部講師(専攻:計量経済学、医療経済学)
  • 内容紹介

    介護保険サービスは実際にどれくらい利用されているのか? 要介護者の介護にはいくらの費用がかかるのか? 高齢者の子供との同居率は本当に低下しているのか?──介護保険データに基づく実証分析から実態を明らかにし,「望ましい介護制度」を追求する意欲作。

日本の介護―経済分析に基づく実態把握と政策評価 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:中村 二朗(著)/菅原 慎矢(著)
発行年月日:2017/12/15
ISBN-10:4641165149
ISBN-13:9784641165144
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:経済・財政・統計
言語:日本語
ページ数:244ページ
縦:22cm

    有斐閣 日本の介護―経済分析に基づく実態把握と政策評価 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!