近世仏教論 [単行本]
    • 近世仏教論 [単行本]

    • ¥5,280159ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年10月18日金曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
近世仏教論 [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002899463

近世仏教論 [単行本]

価格:¥5,280(税込)
ポイント:159ポイント(3%還元)(¥159相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年10月18日金曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:法蔵館
販売開始日:2018/02/10
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 154390位

近世仏教論 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    “近世思想”としての仏教。「仏教堕落史観」を克服し、中国明末仏教や近代日本仏教までをも射程にとらえた広角な視野から繰り出される新しい近世仏教の姿!
  • 目次

    第Ⅰ部 近世仏教の展開
      近世仏教論
      教学の進展と仏教改革運動

     第Ⅱ部 明末仏教と江戸仏教
      慧命の回路――明末・雲棲?宏の不殺生思想――
      虚空と天主――中国・明末仏教のキリスト教批判――
      東アジア仏教のキリスト教批判――明末仏教から江戸仏教へ――
      明末の不殺放生思想の日本受容――雲棲?宏と江戸仏教――

     第Ⅲ部 キリシタンと仏教
      近世思想史上の『妙貞問答』
      近世仏教におけるキリシタン批判――雪窓宗崔を中心に――
      仏教排耶論の思想史的展開――近世から近代へ――

     第Ⅳ部 教学の進展
      中世における法相の禅受容――貞慶から良遍へ、日本唯識の跳躍――
      可知と不可知の隘路――近世・普寂の法相批判――

    第Ⅴ部 伝統から近代へ
      釈迦信仰の思想史的展開――『悲華経』から大乗非仏説論へ――
      須弥山と地球説

    第Ⅵ部 方法と実践
      「近世的世俗化」の陥穽――比較思想から見た日本仏教・近世――
      中村元――東方人文主義の日本思想史――
      アボカドの種・仏の種子――仏教思想は環境倫理に何ができるか――

    西村玲略歴・業績目録
    あとがき(末木文美士)
    人名索引
  • 出版社からのコメント

    時代と国境を越えた広角な視野から、新たな近世仏教の姿を描いた論考を収録。「堕落史観」を超えて見直される江戸仏教の思想史!
  • 内容紹介

    「堕落」など、ネガティブなイメージが今なお根強い近世仏教。しかし、そこには個性豊かな近世独自の思想が育まれ、近代・現代の仏教にまで影響を及ぼしていた。

     では、そういった思想はどのように深められていったのか。また、近世の仏教は、キリシタン・儒者・世俗の科学的合理主義者といった「他者」とどのように向き合い、どのような思想を提示し得たのか。

     中国・明末仏教や次代の近代仏教までをも見据えた広角な視野から、“思想としての近世仏教”の姿を描いた論考16篇を収録した、学界待望の論文集。

    入門的な論文から、各論に踏み込んだ専門的な論文までを収録し、当該分野を志す初学者から専門家まで、幅広い読者にオススメ!

     第Ⅰ部 近世仏教の展開
      近世仏教論
      教学の進展と仏教改革運動

     第Ⅱ部 明末仏教と江戸仏教
      慧命の回路―明末・雲棲?宏の不殺生思想―
      虚空と天主―中国・明末仏教のキリスト教批判―
      東アジア仏教のキリスト教批判―明末仏教から江戸仏教へ―
      明末の不殺放生思想の日本受容―雲棲?宏と江戸仏教―

     第Ⅲ部 キリシタンと仏教
      近世思想史上の『妙貞問答』
      近世仏教におけるキリシタン批判―雪窓宗崔を中心に―
      仏教排耶論の思想史的展開―近世から近代へ―

     第Ⅳ部 教学の進展
      中世における法相の禅受容―貞慶から良遍へ、日本唯識の跳躍―
      可知と不可知の隘路―近世・普寂の法相批判―

    第Ⅴ部 伝統から近代へ
      釈迦信仰の思想史的展開―『悲華経』から大乗非仏説論へ―
      須弥山と地球説

    第Ⅵ部 方法と実践
      「近世的世俗化」の陥穽―比較思想から見た日本仏教・近世―
      中村元―東方人文主義の日本思想史―
      アボカドの種・仏の種子―仏教思想は環境倫理に何ができるか―

    西村玲略歴・業績目録
    あとがき(末木文美士)
    人名索引
    ※第Ⅰ部「近世仏教の展開」では、近世仏教全体を通史的に概観し、第Ⅱ部「明末仏教と江戸仏教」では、中国明朝末の仏教(主に臨済宗)とキリスト教との論争と、その論争と近世仏教の関係を、第Ⅲ部「キリシタンと仏教」では日本における近世から近代までの仏教とキリスト教の論争を扱う。第Ⅳ部「教学の進展」では、中世の法相宗の禅受容、近世の浄土律僧・普寂の法相批判といった教学的な問題、第Ⅴ部「伝統から近代へ」では、長い伝統をもつ仏教思想が近代の批判にどのように対応したのかという伝統と近代の相克を扱い、最後の第Ⅵ部「方法と実践」には、方法論的な問題を扱った論文を収録する。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    西村 玲(ニシムラ リョウ)
    1972年6月7日東京に生まれる。1996年3月東北大学文学部史学科卒業。1998年3月東北大学大学院文学研究科修士課程修了(文化科学専攻)。2004年3月同博士課程修了。博士(文学)。4月財団法人東方研究会専任研究員(~2005年3月)。2005年4月日本学術振興会特別研究員(SPD)(~2008年3月)。2006年4月プリンストン大学客員研究員(~2007年3月)。2008年4月財団法人東方研究会(2012年4月より公益財団法人中村元東方研究所)専任研究員。2010年3月「普寂を中心とする日本近世仏教思想の研究」により日本学術振興会賞ならびに日本学士院奨励賞受賞。2016年2月2日逝去。この間、東洋大学非常勤講師、東方学院講師、国際日本文化研究センター共同研究員などを歴任
  • 著者について

    西村 玲 (ニシムラ リョウ)
    元公益財団法人中村元東方研究所専任研究員。専攻は近世日本仏教思想史。2010年に「普寂を中心とする日本近世仏教思想の研究」により日本学術振興会賞ならびに日本学士院奨励賞を受賞。著書に『近世仏教思想の独創―僧侶普寂の思想と実践―』(トランスビュー、2008年)がある。2016年逝去。

近世仏教論 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:法藏館 ※出版地:京都
著者名:西村 玲(著)
発行年月日:2018/01/31
ISBN-10:4831862479
ISBN-13:9784831862471
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:日本歴史
言語:日本語
ページ数:414ページ ※409,5P
縦:22cm

    法蔵館 近世仏教論 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!