天皇は本当にただの象徴に堕ちたのか―変わらぬ皇統の重み(PHP新書) [新書]
    • 天皇は本当にただの象徴に堕ちたのか―変わらぬ皇統の重み(PHP新書) [新書]

    • ¥1,01231ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年7月18日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002899510

天皇は本当にただの象徴に堕ちたのか―変わらぬ皇統の重み(PHP新書) [新書]

  • 5.0
価格:¥1,012(税込)
ポイント:31ポイント(3%還元)(¥31相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年7月18日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:PHP研究所
販売開始日: 2017/12/18
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

天皇は本当にただの象徴に堕ちたのか―変わらぬ皇統の重み(PHP新書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    帝国憲法下で天皇は「万能の主権者」だったのか?戦前に民主主義はなかったのか?GHQは日本の政治体制をどう見ていたのか?戦後、天皇の役割と日本の国のあり方は大きく変わったのか?日本国憲法は帝国憲法と根本的に異なるのか?本書では、帝国憲法を丹念に読み解き、日本国憲法との比較を行いながら、タブー視された「事実」を発掘し、定説を根本から覆す。近代国家の成立以降の150年。明治、大正、昭和、平成にわたり連綿と続く「この国のかたち」を明示する渾身の作。小林節・慶應義塾大学名誉教授との「白熱対談」収録。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    プロローグ 「八月革命説」へ新たな視点を
    第1章 旧新憲法間における根本建前の変動(宮沢教授のいう「根本建前」とは何か
    「天皇主権」の意味 ほか)
    第2章 実体としての政治権力の変動(旧新憲法間における天皇の権能の相違
    「輔弼」と「助言と承認」の相違 ほか)
    第3章 理念としての政治権力の変動(天皇の地位の根拠
    天皇は神か ほか)
    第4章 連合国は国民主権主義の採用を要求したか(天皇の地位に関する米国の初期の見解
    ポツダム宣言は国民主権主義採用の要求を含むか ほか)
    エピローグ 二〇〇〇年続いた日本の君民共治
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    竹田 恒泰(タケダ ツネヤス)
    昭和50年(1975年)、旧皇族・竹田家に生まれる。明治天皇の玄孫に当たる。慶應義塾大学法学部法律学科卒業。専門は憲法学・史学。作家。平成18年(2006年)に著書『語られなかった皇族たちの真実』(小学館)で第一五回山本七平賞を受賞
  • 内容紹介

    「戦前は神権主義政治だった」という通説のウソを暴く! 帝国憲法から日本国憲法へ。「天皇と日本」のかたちを考察した問題提起の書。
  • 著者について

    竹田恒泰 (タケダツネヤス)
    作家

天皇は本当にただの象徴に堕ちたのか―変わらぬ皇統の重み(PHP新書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:PHP研究所
著者名:竹田 恒泰(著)
発行年月日:2018/01/05
ISBN-10:456983728X
ISBN-13:9784569837284
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:社会科学総記
言語:日本語
ページ数:382ページ
縦:18cm
他のPHP研究所の書籍を探す

    PHP研究所 天皇は本当にただの象徴に堕ちたのか―変わらぬ皇統の重み(PHP新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!