ジブリの教科書〈17〉コクリコ坂から(文春ジブリ文庫) [文庫]
    • ジブリの教科書〈17〉コクリコ坂から(文春ジブリ文庫) [文庫]

    • ¥1,32040ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002900867

ジブリの教科書〈17〉コクリコ坂から(文春ジブリ文庫) [文庫]

  • 5.0
価格:¥1,320(税込)
ポイント:40ポイント(3%還元)(¥40相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:文藝春秋
販売開始日: 2018/02/09
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ジブリの教科書〈17〉コクリコ坂から(文春ジブリ文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「コクリコ荘」に暮らす女子高生の海は、男子文化部の部室棟「カルチェラタン」の取り壊し反対を訴える俊と知り合う。二人は互いに好意を抱くが、ある事実が恋を阻む―。宮崎吾朗監督の第二作として話題になり、日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞した本作を、井浦新、近藤麻理恵らが新たな視点で読み解く。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    ナビゲーター・井浦新―時間と光の妙、充分なほどのファンタジー
    1 映画『コクリコ坂から』誕生(スタジオジブリ物語 時代の変わり目の渦中につくった『コクリコ坂から』
    鈴木敏夫―社会全体が前向きだった時代を悪戦苦闘して描いた青春映画
    宮崎駿―企画のための覚書『コクリコ坂から』について 港の見える丘)
    2 『コクリコ坂から』の制作現場(監督 宮崎吾朗―諦めや打算からは、なにも生まれない
    制作初期スケッチ
    キャラクターデザイン 近藤勝也―『コクリコ坂から』は青天の霹靂でした ほか)
    3 作品の背景を読み解く(viewpoint 川上量生―宮崎吾朗とはなにか
    近藤麻理恵―人生を変える「片づけ映画」です
    門井慶喜―ノスタルジーに甘えない ほか)
  • 出版社からのコメント

    東京五輪前年の横浜を舞台に描く、高校生の恋と出生の秘密――。宮崎吾朗監督、二作目のアニメを近藤麻理恵、川上量生らが紐解く。

ジブリの教科書〈17〉コクリコ坂から(文春ジブリ文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:文藝春秋
著者名:スタジオジブリ(編)/文春文庫(編)
発行年月日:2018/02/10
ISBN-10:4168120163
ISBN-13:9784168120169
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:187ページ
縦:16cm
他の文藝春秋の書籍を探す

    文藝春秋 ジブリの教科書〈17〉コクリコ坂から(文春ジブリ文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!