城の中の城(P+D BOOKS) [単行本]
    • 城の中の城(P+D BOOKS) [単行本]

    • ¥71522ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年11月22日金曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002902356

城の中の城(P+D BOOKS) [単行本]

価格:¥715(税込)
ポイント:22ポイント(3%還元)(¥22相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年11月22日金曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日:2018/02/08
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 423985位

城の中の城(P+D BOOKS) [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    夫の山田信・英文学教授は、渡仏中に突如パリで洗礼を受けカトリック信者になってしまう。妻の桂子は夫の独断、裏切りに自尊心を深く傷つけられる。二人の子供の将来を案じながらも、棄教か離婚かの選択を夫に突きつけ、夫婦の間で“宗教戦争”が勃発するのだが―。生涯“物語文学”を追求し続けた倉橋由美子が、禁じられた愛や夫婦交換をキリスト教を背景に描き、知識人階層を鋭く風刺した問題作。倉橋文学後期の傑作「桂子さんシリーズ」の第二弾。棄教か離婚か―驚愕の“夫婦間宗教戦争”を描いた異色作。
  • 内容紹介

    棄教か離婚か――驚愕の“夫婦間宗教戦争”

    夫の山田信・英文学教授は、渡仏中に突如パリで洗礼を受けカトリック信者になってしまう。妻の桂子は夫の独断、裏切りに自尊心を深く傷つけられる。

    二人の子供の将来を案じながらも、棄教か離婚かの選択を夫に突きつけ、夫婦の間で“宗教戦争”が勃発するのだが――。

    生涯“物語文学”を追求し続けた倉橋由美子が、禁じられた愛や夫婦交換をキリスト教を背景に描き、知識人階層を鋭く風刺した問題作。倉橋文学後期の傑作「桂子さんシリーズ」の第二弾。


    図書館選書
    夫の山田信・英文学教授は、渡仏中に突如洗礼を受けカトリック信者になってしまう。妻の桂子は夫の独断、裏切りに自尊心を深く傷つけられる。棄教か離婚かの選択を夫に突きつけ、夫婦間で“宗教戦争”が勃発する。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    倉橋 由美子(クラハシ ユミコ)
    1935年(昭和10年)10月10日‐2005年(平成17年)6月10日、享年70。高知県出身。1961年『パルタイ』で第12回女流文学者賞受賞

城の中の城(P+D BOOKS) [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:倉橋 由美子(著)
発行年月日:2018/02/11
ISBN-10:4093523282
ISBN-13:9784093523288
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:393ページ
縦:19cm

    小学館 城の中の城(P+D BOOKS) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!