本格ミステリ戯作三昧―贋作と評論で描く本格ミステリ十五の魅力 [単行本]
    • 本格ミステリ戯作三昧―贋作と評論で描く本格ミステリ十五の魅力 [単行本]

    • ¥2,97090ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年12月9日月曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002902452

本格ミステリ戯作三昧―贋作と評論で描く本格ミステリ十五の魅力 [単行本]

価格:¥2,970(税込)
ポイント:90ポイント(3%還元)(¥90相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年12月9日月曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:南雲堂
販売開始日:2017/12/18
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 404018位

本格ミステリ戯作三昧―贋作と評論で描く本格ミステリ十五の魅力 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    本書では、本格ミステリのさまざまな作家やテーマに、贋作と評論の二方向から切り込んでみました。本書に収められた贋作は、すべて“評論的な贋作”、つまり、作家や作品に対する考察を小説の形で表現したものなので、切り込むことができたわけです。そして、カップリングされている評論は、その贋作を生み出す基となった論か、贋作を書くことによって深まったり生まれ変わったりした論をまとめたものです。それでは、贋作と評論を両輪にして、本格ミステリをめぐる冒険を楽しんでください。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 作家と作品をめぐる贋作と評論(島田荘司
    綾辻行人
    天城一
    高木彬光
    G・K・チェスタトン
    ウィリアム・アイリッシュ
    ジョン・ディクスン・カー)
    第2部 作家と作品をめぐる贋作と評論(意外な犯人
    多重解決
    リドル・ストーリー
    見立て殺人)
    第3部 エラリー・クイーンをめぐる贋作と評論(『盤面の敵』
    『帝王死す』
    ラジオドラマ
    『エジプト十字架の謎』と『Yの悲劇』)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    飯城 勇三(イイキ ユウサン)
    1959年宮城県生まれ。東京理科大学卒。エラリー・クイーン研究家にしてエラリー・クイーン・ファンクラブ会長。2011年『エラリー・クイーン論』(論創社)で第11回本格ミステリ大賞・評論部門を受賞

本格ミステリ戯作三昧―贋作と評論で描く本格ミステリ十五の魅力 の商品スペック

商品仕様
出版社名:南雲堂
著者名:飯城 勇三(著)
発行年月日:2017/12/15
ISBN-10:4523265658
ISBN-13:9784523265658
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学小説
ページ数:429ページ
縦:20cm

    南雲堂 本格ミステリ戯作三昧―贋作と評論で描く本格ミステリ十五の魅力 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!