第三次世界大戦〈8〉フィンテックの戦場(C・NOVELS) [新書]
    • 第三次世界大戦〈8〉フィンテックの戦場(C・NOVELS) [新書]

    • ¥99030ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年1月18日土曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002903000

第三次世界大戦〈8〉フィンテックの戦場(C・NOVELS) [新書]

価格:¥990(税込)
ポイント:30ポイント(3%還元)(¥30相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年1月18日土曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:中央公論新社
販売開始日:2018/01/20
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 164026位

第三次世界大戦〈8〉フィンテックの戦場(C・NOVELS) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    沖縄に押し寄せた数百のロシア製無人機は、あるひとりの天才エンジニアにより、見事撃墜された。しかし、ここで思わぬ事態が。そのエンジニアが提唱した「香港でフェイクニュースを流せ」という案が採用されたことで中国政府が香港のインターネット網を強引に遮断、それが全世界にも波及したのだ。中国ではeコマースが崩壊し、銀行の取り付け騒ぎも発生。戦争どころではなくなった。そんな混乱した状況下で、ハワイでは米中の最後の死闘が始まる。全世界を巻き込んだ、米中の戦いの行方は―?「第三次世界大戦」シリーズ、ここに閉幕。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    大石 英司(オオイシ エイジ)
    1961年生まれ。鹿児島県鹿屋市出身。1986年『B‐1爆撃機を追え』で小説家デビュー
  • 内容紹介

    千機もの無人機を退けた日米だったが、事態は思わぬことから急展開することになる。この戦争の結末は、世界の行く末は――?「第三次世界大戦」シリーズ完結!
  • 著者について

    大石 英司 (オオイシエイジ)
    1961年生まれ。鹿児島県鹿屋市出身。1986年『B‐1爆撃機を追え』で小説家デビュー。C★NOVELSに著書多数。他に『神はサイコロを振らない』、『尖閣喪失』(小社刊)がある。

第三次世界大戦〈8〉フィンテックの戦場(C・NOVELS) の商品スペック

商品仕様
出版社名:中央公論新社
著者名:大石 英司(著)
発行年月日:2018/01/25
ISBN-10:4125013861
ISBN-13:9784125013862
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:223ページ
縦:18cm
その他:フィンテックの戦場

    中央公論新社 第三次世界大戦〈8〉フィンテックの戦場(C・NOVELS) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!