密教の聖地 高野山―その地に眠る偉人たち [単行本]
    • 密教の聖地 高野山―その地に眠る偉人たち [単行本]

    • ¥95029ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年9月19日木曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002908882

密教の聖地 高野山―その地に眠る偉人たち [単行本]

価格:¥950(税込)
ポイント:29ポイント(3%還元)(¥29相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年9月19日木曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:三栄
販売開始日:2018/01/06
ご確認事項:返品不可

密教の聖地 高野山―その地に眠る偉人たち [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    高野山の「奥之院」には、歴史上に名を残した数多の偉人の魂が祀られている。その供養培の数は実に数万基にも達するそうだが、特に多いのが織田信長・明智光秀・武田信玄・上杉謙信といった、いわゆる戦国武将を祀ったものである。その名を聞けば歴史に詳しくない人でも知っているような著名な人物たちである。生前、敵として戦ったり、殺したり殺されたりした間柄の人物が同じところに祀られているのだ。主義主張も信仰していた宗派も違った人々の供養塔が、なぜこのようにひとつの場所に集まっているのか。なぜ高野山だけが全国各地の寺院の中で、特別な存在なのか―。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 平安~鎌倉時代―空海による開基から武士の入山(空海の生涯にみる高野山成立と弘法大師伝説の誕生
    空海と高野山の年表(平安時代まで) ほか)
    第2章 戦国時代―戦乱の中の高野山(上杉謙信・景勝 越後の軍神も悩み多く二度にわたり高野山へ登った
    武田信玄・勝頼 比叡山を焼き討ちした信長に怒りの書状を送りつけた ほか)
    第3章 江戸時代―徳川政権下の高野山(徳川家康 戦国乱世に終止符を打ち、泰平の世を作り上げた
    徳川秀忠・家光 徳川家霊台を造営。さらに空海の持仏堂を寄進 ほか)
    第4章 近代―激動の世界情勢と高野山(明治初期の廃仏毀釈によりかつてない試練を経験
    時代も宗派も超越した弘法大師の威徳に包まれる ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    上永 哲矢(ウエナガ テツヤ)
    1972年、神奈川県生まれ。歴史文筆家。日本史・三国志を中心とした歴史の記事、旅や温泉のルポを雑誌や書籍に寄稿

    野田 伊豆守(ノダ イズノカミ)
    1960年、東京生まれ。日本大学藝術学部卒業後、徳間書店を経てフリーランスに。近現代を中心とした歴史物をはじめ音楽、アウトドア、旅行、鉄道など幅広いジャンルに精通

密教の聖地 高野山―その地に眠る偉人たち [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:三栄書房
著者名:上永 哲矢(著)/野田 伊豆守(著)
発行年月日:2018/01/05
ISBN-10:4779635039
ISBN-13:9784779635038
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:諸芸・娯楽
ページ数:175ページ
縦:18cm

    三栄 密教の聖地 高野山―その地に眠る偉人たち [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!