自動運転と法 [単行本]

販売休止中です

    • 自動運転と法 [単行本]

    • ¥4,290129ポイント(3%還元)
100000009002912981

自動運転と法 [単行本]

価格:¥4,290(税込)
ポイント:129ポイント(3%還元)(¥129相当)
日本全国配達料金無料
出版社:有斐閣
販売開始日:2018/01/25
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 323525位

自動運転と法 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    自動運転車の普及が現実味を帯びてきた中、事故などの際の法的責任のあり方が議論となっている。本書は、研究者・実務家による検討の成果をまとめ、公表するものである。
  • 目次

    第Ⅰ部 自動運転の現況
     第1章 自動運転技術の現況(杉浦孝明)
     第2章 自動運転にかかる法制度の検討の現況(池田裕輔)
     第3章 自動運転をめぐるドイツ法の状況
    (金岡京子)
     第4章 自動運転をめぐるアメリカ法の状況
    (後藤 元)
    第Ⅱ部 自動運転と法制度──事故と補償を中心に
     第1章 自動運転をめぐる規制上の問題
    (緒方延泰・嶋寺 基)
     第2章 自動運転と運行供用者の責任
    (藤田友敬)
     第3章 自動運転と販売店・メーカーの責任
    (窪田充見)
     第4章 多当事者間の責任の負担のあり方
    (佐野 誠)
     第5章 自動車のソフトウェア化と民事責任
    (小塚荘一郎)
     第6章 自動運転と保険(池田裕輔)
     第7章 自動運転をめぐる民事責任法制の将来像(藤田友敬)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    藤田 友敬(フジタ トモタカ)
    東京大学大学院法学政治学研究科教授
  • 内容紹介

    自動運転車の普及が現実味を帯びてきた中,事故などの際の法的責任のあり方が議論となっている。本書は,研究者から実務家まで幅広く参集して行われた検討の成果をまとめ,公表するものである。

自動運転と法 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:藤田 友敬(編)
発行年月日:2018/01/20
ISBN-10:4641125996
ISBN-13:9784641125995
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:法律
言語:日本語
ページ数:289ページ
縦:22cm

    有斐閣 自動運転と法 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!