したがるオスと嫌がるメスの生物学―昆虫学者が明かす「愛」の限界(集英社新書) [新書]
    • したがるオスと嫌がるメスの生物学―昆虫学者が明かす「愛」の限界(集英社新書) [新書]

    • ¥82025ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002917417

したがるオスと嫌がるメスの生物学―昆虫学者が明かす「愛」の限界(集英社新書) [新書]

価格:¥820(税込)
ポイント:25ポイント(3%還元)(¥25相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:集英社
販売開始日:2018/02/16
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 321332位

したがるオスと嫌がるメスの生物学―昆虫学者が明かす「愛」の限界(集英社新書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    近年、世界中で新発見が相次ぎ、進化生物学界で論文が急増中のテーマ「性的対立」。この分野の国内第一人者である昆虫学者が、四半世紀以上の長きにわたる自身の研究成果を紹介しながら、進化生物学の初歩から驚きの最新知見までを明らかにする。より多くの精子をより効率的にばら撒きたいオスと、より質の良い精子を厳選したいメス。そんな繁殖戦略の違いによって生じる「性的対立」と「対抗進化」の世界を、著者は昆虫学の目で問い直す。受精、つまり“愛の成就”に最も重要な決まり手とは何か。われわれ人類の求愛行動への示唆にも富んだ、目から鱗が落ちる一冊。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 ドーパミンが生き方と求愛を決める
    第2章 がんばるオス
    第3章 オスががんばるとメスはどうなってしまうのか?
    第4章 そして「性的対立」が生じる
    第5章 愛の最終決定権を握っているのはメスである
    第6章 愛はタイミングで決まる
    第7章 オスとメスの決別
    終章 性的対立とは何か?
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    宮竹 貴久(ミヤタケ タカヒサ)
    1962年、大阪府生まれ。岡山大学大学院環境生命科学研究科教授。理学博士(九州大学大学院理学研究院生物学科)。ロンドン大学(UCL)生物学部客員研究員を経て現職。Society for the Study of Evolution,Animal Behavior Society終身会員。受賞歴に日本生態学会宮地賞、日本応用動物昆虫学会賞、日本動物行動学会日高賞など
  • 内容紹介

    生物学で最も熱いテーマ「性的対立」研究の第一人者が、「精子をばら撒きたいオス」と「良質な精子を厳選したいメス」、双方の繁殖戦略の違いによって生じる「対抗進化」の驚くべき最新知見を披露する。

したがるオスと嫌がるメスの生物学―昆虫学者が明かす「愛」の限界(集英社新書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:集英社
著者名:宮竹 貴久(著)
発行年月日:2018/02/21
ISBN-10:4087210219
ISBN-13:9784087210217
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:生物学
言語:日本語
ページ数:240ページ
縦:18cm

    集英社 したがるオスと嫌がるメスの生物学―昆虫学者が明かす「愛」の限界(集英社新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!