宮部みゆきの江戸怪談散歩(角川文庫) [文庫]
    • 宮部みゆきの江戸怪談散歩(角川文庫) [文庫]

    • ¥70422ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年7月19日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002923962

宮部みゆきの江戸怪談散歩(角川文庫) [文庫]

宮部 みゆき(責任編集)
  • 3.0
価格:¥704(税込)
ポイント:22ポイント(3%還元)(¥22相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年7月19日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:KADOKAWA
販売開始日: 2018/03/24
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

宮部みゆきの江戸怪談散歩(角川文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    人の業がなせる、恐ろしくも切ない怪談話の語り部・宮部みゆき。稀噌のストーリーテラーが織りなす物語には、どんな思いがあったのか。物語の舞台を歩きながらその魅力を探る異色の怪談散策!さらに怪異の世界を縦横に語りつくす北村薫氏との特別対談に加え、“今だから読んでほしい”小説4編を厳選。三島屋変調百物語シリーズ最新インタビューを加えた、著者責任編集「宮部怪談」公式読本が角川文庫に登場!
  • 目次

    江戸怪談散歩のはじめに
    三島屋変調百物語の舞台を歩く
    宮部怪談の舞台を歩く
     「宮部怪談」ブックガイド壱
    本所深川七不思議を歩く
     「宮部怪談」ブックガイド弐
    スペシャル対談 北村薫×宮部みゆき やっぱり怪談が好き!
    宮部みゆきの怪談を味わう
     「曼珠沙華」
     「だるま猫」
    宮部みゆき推薦! 私の好きなこの作品
     「指輪一つ」岡本綺堂
     「怪の再生」福澤徹三
  • 内容紹介

    宮部みゆき作家生活30周年記念! 「三島屋変調百物語」シリーズ最新情報を掲載し角川文庫に登場! 
    人の業がなせる、恐ろしくも切ない怪談話の語り部・宮部みゆき。稀代のストーリーテラーが織りなす物語には、どんな思いがあったのか。物語の舞台を歩きながらその魅力を探る異色の怪談散策! さらに怪異の世界を縦横に語りつくす北村薫氏との特別対談に加え、“今だから読んでほしい”小説4編を厳選。ファン必携! 著者責任編集「宮部怪談」公式読本。

    図書館選書
    三島屋シリーズ最新情報から岡本綺堂まで――ファン必携! 著者自らによる公式読本
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    宮部 みゆき(ミヤベ ミユキ)
    1960年東京生まれ。東京都立墨田川高校卒業。法律事務所等に勤務の後、87年「我らが隣人の犯罪」でオール讀物推理小説新人賞を受賞してデビュー。92年『龍は眠る』で日本推理作家協会賞長編部門、『本所深川ふしぎ草紙』で吉川英治文学新人賞、93年『火車』で山本周五郎賞、97年『蒲生邸事件』で日本SF大賞、99年『理由』で直木賞、2001年『模倣犯』で毎日出版文化賞特別賞を受賞。02年司馬遼太郎賞と芸術選奨文部科学大臣賞文学部門、07年『名もなき毒』で吉川英治文学賞、08年英訳版『BRAVE STORY』でBatchelder Awardを受賞
  • 著者について

    宮部 みゆき (ミヤベ ミユキ)
    1960年東京生まれ。87年「我らが隣人の犯罪」でオール読物新人賞を受賞。『龍は眠る』(日本推理作家協会賞)、『本所深川ふしぎ草子』(吉川英治文学新人賞)、『火車』(山本周五郎賞)、『理由』(直木賞)ほか著書、受賞歴多数。

宮部みゆきの江戸怪談散歩(角川文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:KADOKAWA
著者名:宮部 みゆき(責任編集)
発行年月日:2018/03/25
ISBN-10:4046022132
ISBN-13:9784046022134
判型:文庫
発売社名:KADOKAWA
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:301ページ
縦:15cm
他のKADOKAWAの書籍を探す

    KADOKAWA 宮部みゆきの江戸怪談散歩(角川文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!