会社というモンスターが、僕たちを不幸にしているのかもしれない [単行本]
    • 会社というモンスターが、僕たちを不幸にしているのかもしれない [単行本]

    • ¥1,62049ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年8月21日水曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002931872

会社というモンスターが、僕たちを不幸にしているのかもしれない [単行本]

価格:¥1,620(税込)
ポイント:49ポイント(3%還元)(¥49相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年8月21日水曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:PHP研究所
販売開始日:2018/03/01
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 8658位

会社というモンスターが、僕たちを不幸にしているのかもしれない の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    サイボウズでの実験で見つけた楽しく働く法則。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 仕事が楽しくないのは、カイシャというモンスターのせいかもしれない(そもそもカイシャは実在しない?
    法律が生み出した「妖怪・カイシャ」の正体 ほか)
    2 カイシャで楽しく働くためには、こう考えればいいかもしれない(代表のビジョンと自分のビジョンとの関係を考えよう
    ビジョンの重ね合わせ方は人それぞれ ほか)
    3 楽しく働けないカイシャは、どんどん弱っていくかもしれない(ゲームのルールは「量」から「質」に変わる
    質の勝負に転換して復活を遂げた今治タオル ほか)
    4 サイボウズでやってきた実験は、意外と参考になるかもしれない(多様な人が楽しく働くための「フラスコ理論」
    触媒としての「公明正大」と「自立」 ほか)
    5 未来のカイシャでは、「やりたいこと」につき進む人の価値が上がっていくかもしれない(デジタル企業に破壊され、漬れていくカイシャ
    日本の大企業は、世界の中小企業でしかない ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    青野 慶久(アオノ ヨシヒサ)
    1971年生まれ。愛媛県今治市出身。大阪大学工学部情報システム工学科卒業後、松下電工(現・パナソニック)を経て、1997年、愛媛県松山市でサイボウズ株式会社を設立。2005年、代表取締役社長に就任(現任)。社内のワークスタイル変革を推進し離職率を7分の1に低減するとともに、3児の父として3度の育児休暇を取得。2011年から事業のクラウド化を進め、2017年にクラウド事業の売上が全体の60%を超えるまで成長。総務省、厚労省、経産省、内閣府、内閣官房の働き方変革プロジェクトの外部アドバイザーや一般社団法人コンピュータソフトウェア協会の副会長を務める
  • 内容紹介

    日本で一番働き方について考えている社長に聞いた、「一生ワクワクして働く方法」。サイボウズでのユニークな働き方も紹介。
  • 著者について

    青野慶久 (アオノヨシヒサ)
    サイボウズ株式会社代表取締役

会社というモンスターが、僕たちを不幸にしているのかもしれない の商品スペック

商品仕様
出版社名:PHP研究所
著者名:青野 慶久(著)
発行年月日:2018/03/13
ISBN-10:4569837263
ISBN-13:9784569837260
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:経営
言語:日本語
ページ数:221ページ
縦:19cm

    PHP研究所 会社というモンスターが、僕たちを不幸にしているのかもしれない [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!