臨床検査専門医が教える異常値の読み方が身につく本 [単行本]
    • 臨床検査専門医が教える異常値の読み方が身につく本 [単行本]

    • ¥3,672221ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2019年2月18日月曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002932615

臨床検査専門医が教える異常値の読み方が身につく本 [単行本]

価格:¥3,672(税込)
ポイント:221ポイント(6%還元)(¥221相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年2月18日月曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:じほう
販売開始日:2018/03/02
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 9119位

臨床検査専門医が教える異常値の読み方が身につく本 の 商品概要

  • 出版社からのコメント

    検査値の読み方、異常値・パニック値の判断のコツを、臨床検査の専門医がわかりやすく解説しています。
  • 内容紹介

    ●専門医だから教えられる検査値の読み方、異常値・パニック値の判断のコツ
    ●ケーススタディ形式だから、ずらっと並んだ検査項目を関連づけて読み解くスキルが身につく
    ●全医療者向け。疾患の鑑別、薬の効果・副作用の判断、患者アセスメントの質が上がる


    「ALTが高いから肝臓が悪そう」「BUNが高いから腎障害」…そんな通り一遍の見かたをしていませんか? 現場で必要なのは、複数の検査値を関連づけてとらえ、異常値のメカニズムから疾患を推測し、鑑別のためさらに必要な検査を考える、といった総合的な“検査力”です。
     本書はそうした検査値の読み方、異常値・パニック値の判断のコツを、臨床検査の専門医がわかりやすく解説。検査項目を列挙して説明する従来型の本とは違った、臨床直結型の読み方が身につきます。

臨床検査専門医が教える異常値の読み方が身につく本 の商品スペック

商品仕様
出版社名:じほう
著者名:村上 純子(著)
発行年月日:2018/03
ISBN-10:484075022X
ISBN-13:9784840750226
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:医学・薬学・歯学
言語:日本語
ページ数:268ページ
縦:21cm

    じほう 臨床検査専門医が教える異常値の読み方が身につく本 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!