現場で使える!TensorFlow開発入門―Kerasによる深層学習モデル構築手法 [単行本]
    • 現場で使える!TensorFlow開発入門―Kerasによる深層学習モデル構築手法 [単行本]

    • ¥2,94889ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年5月29日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002933710

現場で使える!TensorFlow開発入門―Kerasによる深層学習モデル構築手法 [単行本]

  • 5.0
価格:¥2,948(税込)
ポイント:89ポイント(3%還元)(¥89相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年5月29日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:翔泳社
販売開始日: 2018/04/19
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

現場で使える!TensorFlow開発入門―Kerasによる深層学習モデル構築手法 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    畳み込みニューラルネットワークで実践する画像を用いた深層学習モデルの構築。Jupyter Notebook形式、TensorFlow1.5対応。TensorFlowの導入から、高レベルAPIであるKerasを利用した実践的な深層学習モデルまで解説した、エンジニア向けの入門書。
  • 目次

    第1部 基本編

    第1章 機械学習ライブラリTensorFlowとKeras
    第2章 開発環境を構築する
    第3章 簡単なサンプルで学ぶTensorFlowの基本
    第4章 ニューラルネットワークとKeras
    第5章 KerasによるCNNの実装
    第6章 学習済みモデルの活用
    第7章 よく使うKerasの機能

    第2部 応用編

    第8章 CAEを使ったノイズ除去
    第9章 自動着色
    第10章 超解像
    第11章 画風変換
    第12章 画像生成

  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    太田 満久(オオタ ミツヒサ)
    1983年東京都生まれ。名古屋育ち。京都大学基礎物理学研究所にて素粒子論を専攻し、2010年に博士号を取得。同年データ分析事業のブレインパッド社に新卒として入社。最新技術の調査・検証を担当。TensorFlow User Group Tokyoオーガナイザ。Google Developer Expert(Machine Learning)。日本ディープラーニング協会試験委員

    須藤 広大(スドウ コウダイ)
    1991年神奈川県生まれ。1年間の世界放浪のあと、奈良先端科学技術大学院大学で自然言語処理学を専攻し、情報工学修士を取得。新卒でブレインパッド社に入社し、機械学習エンジニアとして、深層学習に関連した分析・開発案件に携わる

    黒澤 匠雅(クロサワ タクマ)
    2017年、データ分析専業のブレインパッド社に新卒として入社。2018年、東京理科大学大学院にて博士号を取得

    小田 大輔(オダ ダイスケ)
    1980年福岡県生まれ。九州芸術工科大学音響設計学科卒業後、ゲーム制作会社にて楽曲・コンテンツ制作からゲームプログラミングまで幅広い業務担当を経て、ブレインパッド社に入社。マーケティングやデータ・コンサルティングを始めとする数多くの分析プロジェクトに従事したあと、主にAI関連技術のプロジェクトへの応用・調査を担当
  • 出版社からのコメント

    TensorFlow(テンソルフロー)の基本から開発手法まで徹底解説!
  • 内容紹介

    【本書の特徴】
    2015年11月にGoogleがオープンソース化したソフトウェアライブラリ「TensorFlow(テンソルフロー)」は、
    多くの開発者に支持され、多企業で採用されています。
    本書は、TensorFlowの導入から、高レベルAPIであるKerasを利用した実践的な深層学習モデルまで解説した、
    エンジニア向けの入門書です。第1部の基本編では、深層学習とTensorFlow、Kerasの基礎について解説し、
    第2部の応用編では画像処理における応用的なモデルのKerasを使った実装方法を解説します。
    特に、第2部では、「ノイズ除去」「自動着色」「超解像」「画風変換」「画像生成」を取り上げています。
    TensorFlowやKerasの機能面を押さえつつ、現場で使用できるような実践的な深層学習モデルまでフォローしています。


    【対象読者】
    深層学習に入門したいエンジニア

    【目次】
    第1部 基本編

    第1章 機械学習ライブラリTensorFlowとKeras
    第2章 開発環境を構築する
    第3章 簡単なサンプルで学ぶTensorFlowの基本
    第4章 ニューラルネットワークとKeras
    第5章 KerasによるCNNの実装
    第6章 学習済みモデルの活用
    第7章 よく使うKerasの機能

    第2部 応用編

    第8章 CAEを使ったノイズ除去
    第9章 自動着色
    第10章 超解像
    第11章 画風変換
    第12章 画像生成

現場で使える!TensorFlow開発入門―Kerasによる深層学習モデル構築手法 の商品スペック

商品仕様
出版社名:翔泳社
著者名:太田 満久(著)/須藤 広大(著)/黒澤 匠雅(著)/小田 大輔(著)
発行年月日:2018/04/19
ISBN-10:4798154121
ISBN-13:9784798154121
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:工学・工業総記
付録:有
言語:日本語
ページ数:277ページ
縦:21cm
その他:ダウンロードファイル
他の翔泳社の書籍を探す

    翔泳社 現場で使える!TensorFlow開発入門―Kerasによる深層学習モデル構築手法 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!