韓国ふしぎ旅 [単行本]
    • 韓国ふしぎ旅 [単行本]

    • ¥1,98060ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
韓国ふしぎ旅 [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002934203

韓国ふしぎ旅 [単行本]

価格:¥1,980(税込)
ポイント:60ポイント(3%還元)(¥60相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:法蔵館
販売開始日:2018/04/12
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 356222位

韓国ふしぎ旅 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    魅惑あふれる国へひとっ飛び!
  • 目次

    プロローグ
    第1章 「魅惑の都」ソウルへの旅
    1 韓国人の「空間力」と雄弁力―南山ソウルタワーから韓国民俗村へ―/2 絶品キムチと「整形大国」―ソウル・恵化の繁華街を歩く―/3 韓国人学生はなべて「SKY(空)」をめざす―ソウルの高麗大学潜入と韓国人の「身体距離」―/4 韓国人の“無愛想”と「情」の深さ―江南の高級マンション群を歩く―
    第2章 「儒教のメッカ」安東への旅
    1 安東で出会ったベトナム―なぜ韓国の大統領はいつも逮捕される?―/2 両班の村でじっとバスを待つ―両班の正体とPタイム―/3 韓国儒教のメッカ・陶山書院へ―韓国女性の激情と儒教の衰退―
    第3章 「湖南の穀倉地帯」全州への旅
    1 KR韓国鉄道の意外なおおらかさ―韓国人エリート青年の全州暮らし―/2 朝鮮王朝開祖・李成桂のおもしろさ―半月夜のパンソリを堪能する―/3 牛が鳴く「全?準先生古宅」にて―韓国の近代化はなぜ挫折したのか―/4 全州の庶民の親切に泣く―韓国人の「反日」はほんとうなのか―
    第4章 「カオスの都市」釜山への旅
    1 ビートルで玄界灘を押し渡る―「釜山港へ帰れ」はもはや時代おくれ?―/2 釜山国際映画祭と李舜臣将軍の奮闘―韓国人はマレー人に似ている?―/3 合格祈願のアジュンマ軍団と「チング」の正体―なぜ仏教の寺は山のなかにあるのか―/
    4 韓国人の「択一思考」とキリスト教の広がり―海雲台のビーチから水営路の巨大教会へ―
    第5章 「神々の島」済州島への旅
    1 港町・西帰浦の選挙運動―なぜ済州島には「女が多い」のか―/2 漢拏山登山とシャーマンの「堂」へ―“同伴者”司馬遼太郎と共に―
    あとがき
  • 出版社からのコメント

    「魅惑の都」ソウル、「カオスの都市」釜山、「神々の島」済州島等々、旅人として異邦人として、著者独自の視点で覗いた韓国を紹介。
  • 内容紹介

    立命館アジア太平洋大学で長年教鞭を執ってきた著者が、多くの韓国人学生・教員と触れ合ううちに抱いた韓国・韓国人に対する素朴な疑問を、自らの足で韓国各地を歩きまわることで解き明かす。「魅惑の都」ソウル、「カオスの都市」釜山、「神々の島」済州島……。旅人として、異邦人として、著者独自の視点と感性で覗いた韓国を、時には笑い、時には涙。抱腹絶倒の韓国の旅を紹介する。
    新聞やテレビのニュース報道で、「韓国」というだけで、政治的な対立関係ばかりが頭に浮かびがちな昨今であるが、「こうした魅力あふれる国がすぐお隣にあることを、わたしたち日本人は僥倖としなければならない。韓国人と日本人がそれぞれの国をじっさいに訪れることによって、友達や知人をつくり、相互理解を深めていけば、二十年後、三十年後の日韓関係はすばらしいものになる」と著者は語る。
    【目次】…プロローグ/第1章「魅惑の都」ソウルへの旅/第2章「儒教のメッカ」安東への旅/第3章「湖南の穀倉地帯」全州への旅/第4章「カオスの都市」釜山への旅/第5章「神々の島」済州島への旅/あとがき
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    小竹 裕一(コタケ ユウイチ)
    東京生まれ、早稲田大学法学部卒業。横浜市役所に勤務後、シンガポールの南洋大学に留学。邦字紙「星日報」に入社し、記者、編集長を歴任。その後、日本語教師をしながら、シンガポールから発言をつづける。立命館アジア太平洋大学(APU)客員准教授。専門は日本語教育と異文化間コミュニケーション論
  • 著者について

    小竹 裕一 (コタケ ユウイチ)
    東京生まれ、早稲田大学法学部卒業。横浜市役所に勤務後、シンガポールの南洋大学に留学。邦字紙「星日報」に入社し、記者、編集長を歴任。その後、日本語教師をしながら、シンガポールから発言を続ける。趣味は外国旅行。これまで100回以上海外に足を運ぶ。現在、立命館アジア太平洋大学客員准教授。専門は日本語教育と異文化コミュニケーション論。著書に『シンガポールから学んだこと』(明石書店)、『地球歩きはおもしろい(勁草書房)、『アジア人との正しい付き合い方』(NHK新書)などがある。

韓国ふしぎ旅 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:法藏館 ※出版地:京都
著者名:小竹 裕一(著)
発行年月日:2018/04/20
ISBN-10:4831856487
ISBN-13:9784831856487
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:民族・風習
言語:日本語
ページ数:205ページ
縦:19cm

    法蔵館 韓国ふしぎ旅 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!