虚構の家 (P+D BOOKS) [単行本]
    • 虚構の家 (P+D BOOKS) [単行本]

    • ¥71522ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002934971

虚構の家 (P+D BOOKS) [単行本]

価格:¥715(税込)
ポイント:22ポイント(3%還元)(¥22相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2018/04/12
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

虚構の家 (P+D BOOKS) [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    異常なまでに潔癖な中学生の息子を持つ一家と、駆け落ちに走る女子高生の娘を持つ別の一家。物質や社会的地位には恵まれた、一見、幸福そうに見える双方の家庭には、外部からは窺い知れぬ深い闇があった。虚飾に彩られた裕福なふたつの家族の「内と外」をモチーフに、富裕層家族が、断絶のうちにじわじわと崩壊していく様を苛烈な筆致で描き、1974年当時、大きな反響を呼んだ。後にテレビドラマ化もされた作品で、家族の虚構を描く嚆矢ともなった問題作。
  • 内容紹介

    高度成長期の“家族の崩壊”を描いた問題作

    異常に潔癖な息子を持つ一家と、駆け落ちに走る高校生の娘を持つ別の一家。物質的には満たされた高度成長期において、一見、幸福そうに見える双方の家庭には外部からは窺い知れぬ深い闇があった。

    裕福で社会的地位の高いふたつの家族の「内と外」をモチーフに、富裕層が、断絶のうちにじわじわと崩壊していく様を痛烈な筆致で描ききり、1973年当時、大きな反響を呼んだ。後にテレビドラマ化もされた作品で、時代の嚆矢ともなった問題作。

    図書館選書
    異常に潔癖な息子を持つ一家と、駆け落ちに走る高校生の娘を持つ別の一家。物質的には満たされた、一見、幸福そうに見える双方の家庭には外部からは窺い知れぬ深い闇があった。1973年、大反響を呼んだ問題作。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    曽野 綾子(ソノ アヤコ)
    1931年(昭和6年)9月17日生まれ。東京都出身。1979年ローマ法王庁よりヴァチカン有功十字勲章を受章。2003年に文化功労者

虚構の家 (P+D BOOKS) [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:曽野 綾子(著)
発行年月日:2018/04/15
ISBN-10:4093523339
ISBN-13:9784093523332
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:438ページ
縦:19cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 虚構の家 (P+D BOOKS) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!