障害者の経済学 新版 [単行本]
    • 障害者の経済学 新版 [単行本]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年12月18日水曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002939517

障害者の経済学 新版 [単行本]

価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年12月18日水曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:東洋経済新報社
販売開始日:2018/04/16
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 147579位

障害者の経済学 新版 [単行本] の 商品概要

  • 目次

    はしがき
    序章 なぜ「障害者の経済学」なのか
    第1章 障害者問題の根底にあるもの
    第2章 障害者のいる家族
    第3章 障害児教育を考える
    第4章 「障害者差別解消法」で何が変わるのか
    第5章 障害者施設のガバナンス
    第6章 障害者就労から学ぶ「働き方改革」
    終章 障害者は社会を写す鏡
    あとがき
  • 出版社からのコメント

    同情や善悪論から脱し経済学の冷静な視点から障害者の本当の幸せや雇用・教育のあり方を考える。日経・経済図書文化賞受賞書の新版。
  • 内容紹介

    障害者を作っているのは私たち自身である
    制度の問題点を経済学で一刀両断にする

    障害者本人のニーズに合わない障害者福祉制度でいいのか?
    選りすぐりの生徒だけ受けられる職業訓練、
    補助金目当てで仕事をさせない障害者就労施設、
    障害者雇用を肩代わりするビジネス……。

    脳性麻痺の子どもを持つ気鋭の経済学者が、経済学の冷静な視点から、
    障害者を含めたすべての人が生きやすい社会のあり方を提言

    障害者だからと特別視して終わるのではなく、一般化した上で深く考えれば問題の本質が見えてくる。私たちに必要なのは、障害者に映し出されている社会の姿に気づくことである。これは障害者に学ぶといってもいいだろう。(終章より)
  • 著者について

    中島 隆信 (ナカジマ タカノブ)
    中島 隆信(ナカジマ タカノブ)
    慶應義塾大学商学部教授
    慶應義塾大学商学部教授。1960年生まれ。慶應義塾大学大学院経済学研究科後期博士課程単位取得退学。博士(商学)。専門は応用経済学。著書に、『経済学ではこう考える』(慶應義塾大学出版会)、『高校野球の経済学』(東洋経済新報社)、『お寺の経済学』(東洋経済新報社)、『大相撲の経済学』(東洋経済新報社)など。

障害者の経済学 新版 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:東洋経済新報社
著者名:中島 隆信(著)
発行年月日:2018/04
ISBN-10:4492315055
ISBN-13:9784492315057
判型:B6
対象:専門
発行形態:単行本
内容:経済・財政・統計
言語:日本語
ページ数:233ページ
縦:19cm

    東洋経済新報社 障害者の経済学 新版 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!