仮象のオリュンポス―古代ギリシアにおけるプロソポンの概念とイメージ変奏 [単行本]
    • 仮象のオリュンポス―古代ギリシアにおけるプロソポンの概念とイメージ変奏 [単行本]

    • ¥3,740113ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009002941035

仮象のオリュンポス―古代ギリシアにおけるプロソポンの概念とイメージ変奏 [単行本]

価格:¥3,740(税込)
ポイント:113ポイント(3%還元)(¥113相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:月曜社
販売開始日: 2018/03/31
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

仮象のオリュンポス―古代ギリシアにおけるプロソポンの概念とイメージ変奏 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    プロソポンとは何か。古代ギリシアにおいて「顔」である同時に「仮面」を意味する特異な言葉をめぐり、その概念系とイメージの諸相を、古典文献や陶器画などの綿密な比較分析を通じてアナクロニックに横断し博捜する、新鋭によるたぐいまれなる成果。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 プロソポンの基本概念と隣接概念(プロスとオープス
    プロソポンとプロソペイオン
    「プロソポンの下/背後」をめぐる言説―モルモリュケイオン、カルディア、ヒュポクリテス)
    第2章 プロソポン―“あらわれ”の方へ(饒舌なる表面
    皺・痕跡・面影
    視覚の表皮、事物の皮膜―デモクリースにおけるエイドラ)
    第3章 対‐面としてのプロソポン(古代ギリシア陶器画における正面観図像
    プロソポンは「鏡」か?―カタ・プロソポン)
    第4章 アプロソポス―別様の「顔」の形象のために(美少年カルミデスの謎
    テオプラストスの「鉄面皮」
    非人称)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    佐藤 真理恵(サトウ マリエ)
    1981年生まれ。国際基督教大学教養学部卒業。シエナ大学古典世界・人類学研究所(イタリア政府給費)およびクレタ大学大学院古典文献学科(ギリシャ政府給費)留学。京都大学博士(人間・環境学)。京都教育大学、京都造形芸術大学非常勤講師

仮象のオリュンポス―古代ギリシアにおけるプロソポンの概念とイメージ変奏 の商品スペック

商品仕様
出版社名:月曜社 ※出版地:調布
著者名:佐藤 真理恵(著)
発行年月日:2018/03/20
ISBN-10:4865030573
ISBN-13:9784865030570
判型:A5
対象:教養
発行形態:単行本
内容:哲学
ページ数:247ページ
縦:22cm
他の月曜社の書籍を探す

    月曜社 仮象のオリュンポス―古代ギリシアにおけるプロソポンの概念とイメージ変奏 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!