標準 X線CT画像計測 改訂2版 (放射線技術学スキルUPシリーズ) [単行本]
    • 標準 X線CT画像計測 改訂2版 (放射線技術学スキルUPシリーズ) [単行本]

    • ¥5,720172ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009002944471

標準 X線CT画像計測 改訂2版 (放射線技術学スキルUPシリーズ) [単行本]

  • 5.0
価格:¥5,720(税込)
ポイント:172ポイント(3%還元)(¥172相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:オーム社
販売開始日: 2018/04/17
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

標準 X線CT画像計測 改訂2版 (放射線技術学スキルUPシリーズ) の 商品概要

  • 目次

    CT画像計測ソフトウェア「CTmeasure basic」のインストール
    序章 CTにおける画質と線量計測の変遷
     1.画質測定の変遷
     2.線量測定の変遷
    第1章 スライス面内の画質計測
     1・1 空間分解能
     1・2 ノイズ特性
     1・3 CNRの測定
     1・4 SNR測定
    第2章 体軸方向の特性
     2・1 スライス厚
     2・2 SSPの臨床応用
    第3章 時間領域の評価
     3・1 CTにおける時間分解能の定義
    第4章 CTの線量計測
     4・1 CT装置における線量計測
     4・2 CT検査における線量計測
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    市川 勝弘(イチカワ カツヒロ)
    名古屋大学医療技術短期大学部卒業、岐阜大学工学研究科修了。金沢大学医薬保健研究域保健学系教授、工学博士

    村松 禎久(ムラマツ ヨシヒサ)
    国際医学総合技術学院卒業(現:岐阜医療科学大学)、徳島大学工学研究科修了。国立がん研究センター東病院放射線技術部長、工学博士
  • 出版社からのコメント

    CT画像に関する標準的な計測方法をまとめた定番書の改訂2版!
  • 内容紹介

    CT画像に関する標準的な計測方法をまとめた定番書の改訂2版!
     CT検査はすでに特殊検査の枠を越えて、いつでも、どこでも検査が行われています。診療放射線技師は、同じ結果が提供できるように、標準的なCT検査技術学を習得すると共に、得られる画像を適正に評価する能力が必要です。
     CT画像に関する標準的な計測方法を初めてまとめた初版発行から10年近くが経過しているので、すべての内容を全面的に見直し、現在の標準的な画像計測方法の原理から演習までを、図を多数用いてわかりやすくまとめ直しました。
     また、計測結果をまとめるためのマクロをホームページより配布しています。

標準 X線CT画像計測 改訂2版 (放射線技術学スキルUPシリーズ) の商品スペック

商品仕様
出版社名:オーム社
著者名:日本放射線技術学会(監修)/市川 勝弘(共編)/村松 禎久(共編)
発行年月日:2018/04/10
ISBN-10:4274222071
ISBN-13:9784274222078
判型:B5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:医学・薬学・歯学
言語:日本語
ページ数:273ページ
縦:26cm
他のオーム社の書籍を探す

    オーム社 標準 X線CT画像計測 改訂2版 (放射線技術学スキルUPシリーズ) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!