ロボット・AIと法(単行本) [単行本]
    • ロボット・AIと法(単行本) [単行本]

    • ¥2,86086ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009002950791

ロボット・AIと法(単行本) [単行本]

  • 3.0
価格:¥2,860(税込)
ポイント:86ポイント(3%還元)(¥86相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2018/04/09
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ロボット・AIと法(単行本) [単行本] の 商品概要

  • 目次

    第1章 ロボット・AIと法をめぐる動き(宍戸常寿)
    第2章 ロボット・AIと法政策の国際動向(工藤郁子)
    第3章 ロボット・AIと自己決定する個人(大屋雄裕)
    第4章 ロボット・AIは人間の尊厳を奪うか?(山本龍彦)
    第5章 ロボット・AIの行政規制(横田明美)
    第6章 AIと契約(木村真生子)―ロボット・AIと競争法―(市川芳治)
    第7章 自動運転車と民事責任(後藤元)
    第8章 ロボットによる手術と法的責任(弥永真生)
    第9章 ロボット・AIと刑事責任(深町晋也)
    第10章 AIと刑事司法(笹倉宏紀)
    第11章 ロボット・AIと知的財産権(福井健策)
    第12章 ロボット兵器と国際法(岩本誠吾)
  • 出版社からのコメント

    ロボット・人工知能の進展がもたらしうる社会の変化に対し、法学からの知見を提示する。
  • 内容紹介

    ロボット・人工知能の進展がもたらす社会の変化に期待が高まる一方で,その悪影響も懸念されている。本書は,現在生起しつつある問題から近未来に起きうる問題までを視野に入れ,法学からの知見を提示するものである。
  • 著者について

    弥永 真生 (ヤナガ マサオ)
    筑波大学教授

    宍戸 常寿 (シシド ジョウジ)
    東京大学教授

ロボット・AIと法(単行本) [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:弥永 真生(編)/宍戸 常寿(編)
発行年月日:2018/04
ISBN-10:4641125961
ISBN-13:9784641125964
判型:A5
発売社名:有斐閣
対象:教養
発行形態:単行本
内容:法律
言語:日本語
ページ数:316ページ
縦:22cm
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 ロボット・AIと法(単行本) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!