贖罪―偽りの小池都政で私が犯した過ち [単行本]
    • 贖罪―偽りの小池都政で私が犯した過ち [単行本]

    • ¥1,21073ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年5月23日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002952146

贖罪―偽りの小池都政で私が犯した過ち [単行本]

価格:¥1,210(税込)
ポイント:73ポイント(6%還元)(¥73相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年5月23日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:幻冬舎
販売開始日: 2018/04/05
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

贖罪―偽りの小池都政で私が犯した過ち [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「小池百合子の犬」と呼ばれた筆者が、慚愧の思いで告白する、小池ファーストの真実。小池都政こそブラックボックスだった!
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 小池知事との決別(小池知事「分身」との大ゲンカ
    そして私は更迭された ほか)
    第2章 狙われた築地市場(築地に「失政」が凝縮されている
    市場移転の経緯を振り返る ほか)
    第3章 百条委員会に意味はあったのか(百条委員会の功罪
    小池知事が仕掛け、世論が設置を促した百条委員会 ほか)
    第4章 小池知事の正体(政治家・小池百合子の中身は「空」だ
    矛盾しまくりの「AI発言」 ほか)
    終章 贖罪(「離党」の決断は正しかったのか
    市場移転問題における重い責任 ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    音喜多 駿(オトキタ シュン)
    1983年東京都生まれ。海城高校卒、早稲田大学政治経済学部卒。LVMHモエヘネシー・ルイヴィトングループでのビジネス経験を経て、東京都議会議員(北区選出)2期目。「都民ファーストの会」東京都議団初代幹事長を務めるも、現在は無所属

贖罪―偽りの小池都政で私が犯した過ち [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:幻冬舎
著者名:音喜多 駿(著)
発行年月日:2018/04/05
ISBN-10:4344032780
ISBN-13:9784344032781
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:211ページ
縦:18cm
他の幻冬舎の書籍を探す

    幻冬舎 贖罪―偽りの小池都政で私が犯した過ち [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!