ハワイ行ったらこれ食べよう! ハワイ島・カウアイ島・マウイ島-地元っ子、旅のリピーターに聞きました。 [単行本]
    • ハワイ行ったらこれ食べよう! ハワイ島・カウアイ島・マウイ島-地元っ子、旅のリピーターに聞きました。 [単行本]

    • ¥1,54047ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009002952387

ハワイ行ったらこれ食べよう! ハワイ島・カウアイ島・マウイ島-地元っ子、旅のリピーターに聞きました。 [単行本]

価格:¥1,540(税込)
ポイント:47ポイント(3%還元)(¥47相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:誠文堂新光社
販売開始日: 2018/06/08
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ハワイ行ったらこれ食べよう! ハワイ島・カウアイ島・マウイ島-地元っ子、旅のリピーターに聞きました。 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    ネイバーアイランドで、ハワイの魅力を再発見。離島のグルメは奥深い!
  • 目次

    ○地元っ子激オシ 食べてみて!ここのこれ!
    Manago Hotel Restaurant の「ポーク チョップ」
    Tip Top Cafeの『オックステール・スープ』
    Aunty Sandy's Banana Breadの『バナナ・ブレッド』
    Shrimp Stationの『ゴット・ガーリック&ココナッツ・シュリンプ 
    Punalu'u Bake Shopの『スイート・ブレッド&マラサダ』
    T. Komoda Store and Bakeryの『スティック・ドーナッツ』
    Tasaka Guri Guri Shopの『グリグリ』
    Shionoの『アバロニ』

    ○朝ごはん
    「クレープ&クロック。マダム」「スフレ・パンケーキ」「エッグ・ベネディクト」「ポーチュギース・ソーセージ」「フレンチ・トースト」「オムレツ」「パンケーキ」グラノーラ」

    ○主食系
    「サイミン」「ロコモコ」「スパム・ムスビ」「スパイシー・アヒ・ボム」「チャウファン」「ポケ・ボウル」「ロール・スシ」「オムレツ・フライド・ライス」

    ○伝統のもの
    「カルア・ポーク/ピッグ」「ポケ」「ロミロミ・サーモン」「ポイ」「クロロ」「ラウラウ」

    ○人気もの、集めました。
    「フィッシュ&チップス」「リブアイ・ステーキ」「テリヤキ」「フリカケ・アヒ」「BBQベイビー・バック・リブ」「フリカケ・チキン」「バーガー」「プレート・ランチ」「スパイシー・ガーリック・チキン」「チキンカツ」

    ○あまいもの
    「マンゴー・リリコイ・パイ」「ショートブレッド」「チョコレート」「マウイ・パイ」「モチ」「マラサダ」「クッキー」「ハニートースト」「リヒムイ」「ドーナッツ」「クリーム・パフ」

    ○冷たいもの
    「シェイブアイス」「ピタヤボウル」「バナナ・スプリット」「ジェラート」「オノ・ポップス」「アサイ・ボウル」

    ○そのほか、コラムや英語注文ガイド、指さし注文なども充実
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    こにし なおこ(コニシ ナオコ)
    フード&トラベルライター。海外ガイドブック制作の編集プロダクション等を経て、フリーランスに。旅や食を中心とした企画・取材・執筆・編集を手掛けている。80冊を超える海外ガイドブックの取材や執筆に携わる。また、『旅とお茶の世界を楽しむ会―TRAVEL TEA SALON』を主宰。ハワイやイギリス、モロッコをはじめ、取材やプライベートで訪れた国や地域のティータイムや食文化を紹介
  • 出版社からのコメント

    ハワイネイバーアイランドの定番グルメから、地元っ子しか知らないローカルの食まで網羅。『食』専門、2冊目のガイドブックとして。
  • 内容紹介

    ハワイの魅力をもっと知りたい人、オアフ島から少し足を運んで、
    ネイバーアイランドへ行ってみませんか?

    ハワイのロコ(地元っ子)たちは、オアフ島以外の島をまとめて、『ネイバーアイランド』と呼びます。
    オアフ島が都会的で洗練されたハワイだとすれば、
    ネイバーアイランドは、自然に溢れ、観光客慣れしていない島の住民たちが気持ちよく私達を出迎えます。
    彼らは、普段、どんなものを食べているのでしょうか。
    本書は、そんな島々で食べられている食文化を紹介する1冊です。

    ショップ情報があるのは旅行者の多い、ハワイ島、マウイ島、カウアイ島の3島。
    ただし、食事ごとに紹介をしているので、そのほかの島へ行く人も料理名を参考にできます。

    ■目次
    ○地元っ子激オシ 食べてみて!ここのこれ!
    Manago Hotel Restaurant の「ポーク チョップ」
    Tip Top Cafeの『オックステール・スープ』
    Aunty Sandy's Banana Breadの『バナナ・ブレッド』
    Shrimp Stationの『ゴット・ガーリック&ココナッツ・シュリンプ 
    Punalu'u Bake Shopの『スイート・ブレッド&マラサダ』
    T. Komoda Store and Bakeryの『スティック・ドーナッツ』
    Tasaka Guri Guri Shopの『グリグリ』
    Shionoの『アバロニ』

    ○朝ごはん
    「クレープ&クロック。マダム」「スフレ・パンケーキ」「エッグ・ベネディクト」「ポーチュギース・ソーセージ」「フレンチ・トースト」「オムレツ」「パンケーキ」グラノーラ」

    ○主食系
    「サイミン」「ロコモコ」「スパム・ムスビ」「スパイシー・アヒ・ボム」「チャウファン」「ポケ・ボウル」「ロール・スシ」「オムレツ・フライド・ライス」

    ○伝統のもの
    「カルア・ポーク/ピッグ」「ポケ」「ロミロミ・サーモン」「ポイ」「クロロ」「ラウラウ」

    ○人気もの、集めました。
    「フィッシュ&チップス」「リブアイ・ステーキ」「テリヤキ」「フリカケ・アヒ」「BBQベイビー・バック・リブ」「フリカケ・チキン」「バーガー」「プレート・ランチ」「スパイシー・ガーリック・チキン」「チキンカツ」

    ○あまいもの
    「マンゴー・リリコイ・パイ」「ショートブレッド」「チョコレート」「マウイ・パイ」「モチ」「マラサダ」「クッキー」「ハニートースト」「リヒムイ」「ドーナッツ」「クリーム・パフ」

    ○冷たいもの
    「シェイブアイス」「ピタヤボウル」「バナナ・スプリット」「ジェラート」「オノ・ポップス」「アサイ・ボウル」

    ○そのほか、コラムや英語注文ガイド、指さし注文なども充実
  • 著者について

    こにしなおこ (コニシナオコ)
    こにしなおこ:フード&トラベルライター。海外ガイドブック制作の編集プロダクション等を経てフリーランスに。旅や食を中心とした企画・取材・執筆・編集を手掛けている。80冊を超える海外ガイドブックの取材や執筆に携わる。

ハワイ行ったらこれ食べよう! ハワイ島・カウアイ島・マウイ島-地元っ子、旅のリピーターに聞きました。 の商品スペック

商品仕様
出版社名:誠文堂新光社
著者名:こにし なおこ(編)
発行年月日:2018/06/09
ISBN-10:4416518463
ISBN-13:9784416518465
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:旅行
言語:日本語
ページ数:142ページ
縦:21cm
他の誠文堂新光社の書籍を探す

    誠文堂新光社 ハワイ行ったらこれ食べよう! ハワイ島・カウアイ島・マウイ島-地元っ子、旅のリピーターに聞きました。 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!