ドイツ歴史学派の研究 [単行本]
    • ドイツ歴史学派の研究 [単行本]

    • ¥5,280159ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年12月13日金曜日21:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002953481

ドイツ歴史学派の研究 [単行本]

価格:¥5,280(税込)
ポイント:159ポイント(3%還元)(¥159相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年12月13日金曜日21:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日本経済評論社
販売開始日:2018/04/30
ご確認事項:返品不可

ドイツ歴史学派の研究 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    歴史学派とは何か。ロッシャー、シュモラー、ゾンバルトなど代表的研究者の膨大な業績の分析を通し、新たな視点からその世界を解明。歴史学派研究の頂点に立つ力作。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 ドイツ歴史学派
    第2章 ヴィルヘルム・ロッシャーの歴史的方法―『歴史的方法による国家経済学講義要綱』刊行150周年にあたって
    第3章 国民経済から資本主義へ―ロッシャー、シュモラー、ゾンバルト
    第4章 グスタフ・シュモラーの生涯と学説―社会問題から経済社会学へ
    第5章 グスタフ・シュモラーの方法論―『国民経済、国民経済学および方法』訳者解題
    第6章 社会政策の経済思想:グスタフ・シュモラー
    第7章 シュルツェ=ゲーヴァニッツの社会政策思想―『社会平和』を中心に
    第8章 近代資本主義論の生成―ゾンバルト『近代資本主義』(初版1902)の意義について
    第9章 資本主義とエコロジー―ゾンバルトの近代資本主義論
    補論 小林昇とドイツ経済思想史研究
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    田村 信一(タムラ シンイチ)
    北星学園大学・同短期大学部学長。1948年生まれ。79年立教大学大学院経済学研究科博士課程修了。80年経済学博士(立教大学)。主著に『ドイツ経済政策思想史研究』未来社、1985年、『グスタフ・シュモラー研究』御茶の水書房、1993年(第37回日経・経済図書文化賞受賞)ほか

ドイツ歴史学派の研究 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本経済評論社
著者名:田村 信一(著)
発行年月日:2018/03/30
ISBN-10:481882495X
ISBN-13:9784818824959
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:経済・財政・統計
ページ数:345ページ
縦:22cm

    日本経済評論社 ドイツ歴史学派の研究 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!