言葉通りすぎる男 深読みしすぎる女 [単行本]
    • 言葉通りすぎる男 深読みしすぎる女 [単行本]

    • ¥1,54047ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年11月22日金曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002957151

言葉通りすぎる男 深読みしすぎる女 [単行本]

価格:¥1,540(税込)
ポイント:47ポイント(3%還元)(¥47相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年11月22日金曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:大和書房
販売開始日:2018/04/16
ご確認事項:返品不可

言葉通りすぎる男 深読みしすぎる女 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「説明して」→男は理解したい、女は謝ってほしい。「何が言いたいの?」→男は困っている、女は怒っている。「怒らないから言って」→男は怒らない、女は言わないともっと怒る。最新のエビデンスを研究した言語学博士が教える異性とのコミュニケーションが楽しくなる方法。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1部 あまり考えない男 変に考えすぎる女(よく使われるが意味のない一言―男は「ごめん」、女は「すご~い」
    相手の話に突っこむ一言―男は「バカじゃねーの」、女は「わかるー」
    食事のお誘いをやんわり断る一言―男は「忙しい」、女は「予定が合えば」
    友人から一歩進みたいときの一言―男は「彼氏いるの?」、女は「モテるでしょう?」
    食べものをねだるときの一言―男は「一口ちょうだい」、女は「おいしそう」 ほか)
    第2部 男はことばの通り 女は声の通り(「これ欲しい」―男は本当に欲しい、女は言ってみただけ
    「かわいい」―男はほめるために使う、女は自分のために使う
    「ブス」―男はブサイクに使う、女は嫌いな子に使う
    「おいしいお店だね」―男は味をほめる、女は場を総合で採点する
    「勝手にすれば?」―男はもうどうでもいい、女は止めてほしい ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    堀田 秀吾(ホッタ シュウゴ)
    熊本県生まれ。明治大学法学部教授。言語学博士。シカゴ大学博士課程修了。ヨーク大学修士課程修了・博士課程単位取得退学。言語とコミュニケーションをテーマに、言語学、法学、社会心理学、脳科学など、さまざまな学問分野を融合したアプローチで研究をおこなっている。研究者らしからぬ熱血指導と画期的な授業スタイルが支持され、「明治一受けたい授業」に選出される。マーベリック法律事務所顧問

言葉通りすぎる男 深読みしすぎる女 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:大和書房
著者名:堀田 秀吾(著)
発行年月日:2018/04/25
ISBN-10:4479796460
ISBN-13:9784479796466
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:社会科学総記
ページ数:247ページ
縦:19cm
横:12cm

    大和書房 言葉通りすぎる男 深読みしすぎる女 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!