高畠素之の亡霊―ある国家社会主義者の危険な思想(新潮選書) [全集叢書]
    • 高畠素之の亡霊―ある国家社会主義者の危険な思想(新潮選書) [全集叢書]

    • ¥2,09063ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日21:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002958391

高畠素之の亡霊―ある国家社会主義者の危険な思想(新潮選書) [全集叢書]

価格:¥2,090(税込)
ポイント:63ポイント(3%還元)(¥63相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日21:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:新潮社
販売開始日:2018/05/25
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 265746位

高畠素之の亡霊―ある国家社会主義者の危険な思想(新潮選書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    『資本論』を日本で初めて翻訳した言論人・高畠素之はマルクス主義の欠点に気づき国家社会主義へと走った。それはなぜか。キリスト教を棄て、性悪説を唱えた不世出の知性が現代に突きつける民主主義・資本主義の陥穽と、暴力装置としての国家の本質。高畠に強く影響を受けた著者が危機の時代に向けて放つ「警世の書」。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    不良神学生
    ソ連論
    性悪説
    貧困
    消費
    ニヒリズム
    支配
    階級闘争
    プロレタリア独裁
    窮乏化論
    テロル
    社会主義と国家(上)
    社会主義と国家(下)
    軍隊
    法律
    消費
    選挙
    有権者
    宗教
    変装
    出版資本主義
    死者と生者
    ファシズムの誘惑
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    佐藤 優(サトウ マサル)
    1960(昭和35)年生まれ。’85年、同志社大学大学院神学研究科修了の後、外務省入省。在英日本国大使館、ロシア連邦日本国大使館などを経て、’95(平成7)年から外務本省国際情報局分析第一課に勤務。2002年5月、背任と偽計業務妨害容疑で逮捕。’05年2月執行猶予付き有罪判決を受け、’13年6月、執行猶予期間を満了し、刑の言い渡しが効力を失った。’05年『国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて』で毎日出版文化賞特別賞を受賞した
  • 出版社からのコメント

    『資本論』を三たび翻訳した俊英は、なぜファシズムに走ったのか?民主主義と資本主義が危機に陥る現代にシンクロする「警世の書」。
  • 内容紹介

    『資本論』を読み抜いた知性が示す、「国家」と「人間」の危うい本質。『資本論』を日本で初めて翻訳した言論人・高畠素之はマルクス主義の欠点に気づき国家社会主義へと走った。それはなぜか。キリスト教を棄て、性悪説を唱えた不世出の知性が現代に突きつける民主主義・資本主義の陥穽と、暴力装置としての国家の本質とは。高畠に強く影響を受けた著者が危機の時代に向けて放つ「警世の書」。

高畠素之の亡霊―ある国家社会主義者の危険な思想(新潮選書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:新潮社
著者名:佐藤 優(著)
発行年月日:2018/05/25
ISBN-10:4106038269
ISBN-13:9784106038266
判型:B6
対象:一般
発行形態:全集叢書
内容:政治含む国防軍事
言語:日本語
ページ数:475ページ
縦:20cm
横:13cm

    新潮社 高畠素之の亡霊―ある国家社会主義者の危険な思想(新潮選書) [全集叢書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!