鴻池の猫合わせ 浮世奉行と三悪人 (集英社文庫(日本)-浮世奉行と三悪人) [文庫]
    • 鴻池の猫合わせ 浮世奉行と三悪人 (集英社文庫(日本)-浮世奉行と三悪人) [文庫]

    • ¥79924ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2018年6月24日日曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002961568

鴻池の猫合わせ 浮世奉行と三悪人 (集英社文庫(日本)-浮世奉行と三悪人) [文庫]

価格:¥799(税込)
ポイント:24ポイント(3%還元)(¥24相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2018年6月24日日曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:集英社
販売開始日:2018/05/18
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 19670位

鴻池の猫合わせ 浮世奉行と三悪人 (集英社文庫(日本)-浮世奉行と三悪人) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    豪商・鴻池家の肝煎りで大々的な猫の品評会が開催されることに。猫好きの庶民やお近づきを狙う商人たちが色めき立つ中、市内では不思議な生き物の目撃談が続出して―(「鴻池の猫の巻」)。江戸の秘仏ご開帳を控えてんてこ舞いする雀丸の前に、長崎で医術を学んだという朋輩が姿を見せた。とある件で力を借りたいというのだが―(「ご開帳は大乱調の巻」)。活気あふれる江戸期の大坂を描く第3弾。
  • 内容(「BOOK」データベースより)

    ご開帳は大乱調の巻;鴻池の猫の巻;出入りの毎日の巻
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    田中 啓文(タナカ ヒロフミ)
    1962年大阪府生まれ。神戸大学卒業。93年「凶の剣士」で第2回ファンタジーロマン大賞佳作入選、ジャズミステリ短編「落下する緑」で「鮎川哲也の本格推理」に入選しデビュー。2002年『銀河帝国の弘法も筆の誤り』で第33回星雲賞日本短編部門、09年「渋い夢」で第62回日本推理作家協会賞短編部門を受賞
  • 内容紹介

    豪商鴻池家の肝煎りで大々的な猫の品評会が行われることに。愛猫家の庶民や欲の皮を突っ張らせた商人たちが目の色を変える中、大坂の町では奇怪な生き物の目撃談が続出して──。(解説/瀬川貴次)

鴻池の猫合わせ 浮世奉行と三悪人 (集英社文庫(日本)-浮世奉行と三悪人) の商品スペック

商品仕様
出版社名:集英社
著者名:田中 啓文(著)
発行年月日:2018/05/25
ISBN-10:4087457443
ISBN-13:9784087457445
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:415ページ
縦:16cm
横:11cm

    集英社 鴻池の猫合わせ 浮世奉行と三悪人 (集英社文庫(日本)-浮世奉行と三悪人) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!