国際政治 191 [単行本]

販売休止中です

    • 国際政治 191 [単行本]

    • ¥2,20066ポイント(3%還元)
100000009002962265

国際政治 191 [単行本]

価格:¥2,200(税込)
ポイント:66ポイント(3%還元)(¥66相当)
日本全国配達料金無料
出版社:日本国際政治学会
販売開始日: 2018/04/28
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

国際政治 191 [単行本] の 商品概要

  • 目次

    「序章──グローバルヒストリーから見た世界秩序の再考」(秋田茂)/「越境する海軍と20世紀初頭の帝国秩序──ドイツ海軍から見た東アジアの共存体制」(大井知範)/「1956年基本法とフランス植民地帝国の変容──同化,自治,独立」(池田亮)/「近代アジアにおける越境する革命家の『旅』と都市」(鬼丸武士)/「国境を越える学生モビリティと高等教育分野におけるヨーロッパ地域協力の歴史的展開」(小畑理香)/「ヴィッテとアジア市場──海運政策の観点から」(左近幸村)/「イギリス帝国の『福祉国家』構想──マラヤ,シンガポールにおけるベヴァリッジ報告の『受容』と国家積立基金制度の形成」(佐藤滋)/「外務卿副島種臣と日露領土交渉──樺太千島交換条約への道筋」(醍醐龍馬)/「『国民外交』における『中心』性と『周辺』性──戦前期日米学生会議と日比学生会議を題材に」(中村信之)//書評論文
  • 内容紹介

    従来の国民国家,国民史の枠組みを相対化し,新たな世界史の構築をめざすグローバルヒストリー研究がいま,活況を呈している。本特集号は,その重要な概念である「比較」と「関係性」の観点から,近世から現代にいたる「世界秩序」(国際秩序)を再考する。

国際政治 191 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本国際政治学会
著者名:日本国際政治学会(編)
発行年月日:2018/04
ISBN-10:4641499268
ISBN-13:9784641499263
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:政治含む国防軍事
言語:日本語
ページ数:165ページ
縦:21cm
その他:グローバルヒストリーから見た世界秩序の再考
他の日本国際政治学会の書籍を探す

    日本国際政治学会 国際政治 191 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!