銀塩写真探偵―一九八五年の光(角川文庫) [文庫]
    • 銀塩写真探偵―一九八五年の光(角川文庫) [文庫]

    • ¥68241ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2024年4月23日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002965675

銀塩写真探偵―一九八五年の光(角川文庫) [文庫]

価格:¥682(税込)
ポイント:41ポイント(6%還元)(¥41相当)
フォーマット:
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年4月23日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:KADOKAWA
販売開始日: 2018/05/25
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

銀塩写真探偵―一九八五年の光(角川文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    陽太郎の師、写真家の弘一には秘密の顔があった。それは銀塩写真探偵という驚くべきもの。ネガに写る世界に入り、過去を探れるというのだ。入れるのはたった一度。できるのは見ることだけ。それでも過去に囚われた人が救いを求めてやってくる。陽太郎も写真の中に足を踏み入れる。見たのは、輝きも悲しみも刻まれた永遠の一瞬で―。生きることとは、なにかを失っていくことなのかもしれない。哀切と優しさが心を震わす物語。
  • 出版社からのコメント

    切ないラストに余韻が残る──『活版印刷三日月堂』の著者、新作!
  • 内容紹介

    陽太郎の師、写真家の弘一には秘密の顔があった。それは銀塩写真探偵という驚くべきもの。ネガに写る世界に入り、過去を探れるというのだ。入れるのはたった一度。できるのは見ることだけ。それでも過去に囚われた人が救いを求めてやってくる。陽太郎も写真の中に足を踏み入れる。見たのは、輝きも悲しみも刻まれた永遠の一瞬で──。生きることとは、なにかを失っていくことなのかもしれない。哀切と優しさが心を震わす物語。

    図書館選書
    入れるのはたった一度。できるのは見ることだけ──。ネガに写る世界に入り、過去を探る銀塩写真探偵。師である写真家の弘一から、陽太郎はその仕事を託されるのだが。哀切と優しさが心を震わす物語。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    ほしお さなえ(ホシオ サナエ)
    1964年東京都生まれ。作家・詩人。95年「影をめくるとき」が第38回群像新人文学賞優秀作受賞。16年に刊行された『活版印刷三日月堂 星たちの栞』が話題を呼び、第5回静岡書店大賞(映像化したい文庫部門)を受賞
  • 著者について

    ほしお さなえ (ホシオ サナエ)
    1964年東京都生まれ。作家・詩人。95年「影をめくるとき」が第38回群像新人文学賞優秀作受賞。2002年『ヘビイチゴ・サナトリウム』が、第12回鮎川哲也賞最終候補作となる。16年に刊行された『活版印刷三日月堂 星たちの栞』が話題を呼び、第5回静岡書店大賞(映像化したい文庫部門)を受賞するなど人気シリーズとなる。

銀塩写真探偵―一九八五年の光(角川文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:KADOKAWA
著者名:ほしお さなえ(著)
発行年月日:2018/05/25
ISBN-10:4041067782
ISBN-13:9784041067789
判型:文庫
発売社名:KADOKAWA
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:252ページ
縦:15cm
他のKADOKAWAの書籍を探す

    KADOKAWA 銀塩写真探偵―一九八五年の光(角川文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!