逆転の世界史―覇権争奪の5000年 Why Europe Surpassed Asia? [単行本]
    • 逆転の世界史―覇権争奪の5000年 Why Europe Surpassed Asia? [単行本]

    • ¥1,76053ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年10月24日木曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002965830

逆転の世界史―覇権争奪の5000年 Why Europe Surpassed Asia? [単行本]

価格:¥1,760(税込)
ポイント:53ポイント(3%還元)(¥53相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年10月24日木曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日本経済新聞社
販売開始日:2018/05/26
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 172649位

逆転の世界史―覇権争奪の5000年 Why Europe Surpassed Asia? の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    世界史を5000年の長さでとらえると、EUのはるか昔に経済圏の統合に成功し成長した中国を中心とする先進地域アジアを、劣悪な環境下にあった後進地域ヨーロッパが交易、産業革命で逆転し、さらに21世紀再びアジアがヘゲモニー奪還に挑むという逆転劇として描ける。人類の誕生、古代文明の誕生からアメリカの時代、一帯一路までの興亡の歴史をコンパクトに解説するかつてない世界史。
  • 目次

    Part.I 人類が誕生して世界はどう変わったか
    1 人類の誕生
    2 文明の伝播
    3 農耕生活が引き起こした問題
    4 中国の興隆
    5 唐から元へ

    Part.II ヨーロッパ世界の形成
    6 古代地中海世界
    7 中世ヨーロッパとイスラーム世界
    8 イタリアからポルトガルへ
    9 大西洋経済形成とヨーロッパの台頭
    10 情報の非対称性が少ない世界へ
    11 オランダのヘゲモニーとヨーロッパ経済の発展

    Part.III ヨーロッパの台頭からアジアの再興まで
    12 アジアの海の一体化
    13 イギリスの工業化からヨーロッパ大陸の工業化まで
    14 縮まった世界とイギリスの役割
    15 電信がイギリスのヘゲモニーをつくった
    16 20世紀の世界とアメリカのヘゲモニー 
    17 戦後のアジア再興から一帯一路まで
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    玉木 俊明(タマキ トシアキ)
    京都産業大学経済学部教授。大阪市生まれ。1987年同志社大学文学部文化学科卒。93年同大学院博士課程単位取得退学。96年京都産業大学経済学部講師、2000年助教授、07年教授。09年「北方ヨーロッパの商業と経済1550‐1815年」で大阪大学博士(文学)
  • 出版社からのコメント

    アジアは先進地域で、後進地域だったヨーロッパが何百年もかけて逆転した! 教科書では学べない新知識が満載のスリリングな世界史。
  • 内容紹介

    ◆目からうろこの意外史
    世界史を3000年の長さでとらえると、EUの先を行く経済圏の統合に成功し成長した中国を中心とする先進地域アジアを、劣悪な環境下にあった後進地域ヨーロッパが交易、産業革命で逆転し、さらに21世紀再びアジアがヘゲモニー奪還に挑むという逆転の歴史として描けます。人類の誕生、秦・漢の成立からアメリカの時代、一帯一路までの興亡の歴史をコンパクトに解説するかつてない世界史です。
    ◆本書の目次
    第I部 人類が誕生して世界はどう変わったか
    1.人類の誕生 2.文明の伝播 3.農耕生活が引き起こした問題 4.中国の興隆 5.唐から元へ さらに発展する中国
    第II部 ヨーロッパ世界の形成
    6古代地中海世界 7.中世ヨーロッパとイスラーム世界 8.ヨーロッパの貿易の変貌
    9.大西洋経済形成とヨーロッパの台頭 10.情報の非対称性が少ない世界へ グーテンベルク革命の意味
    11.オランダのヘゲモニーとヨーロッパ経済の発展
    第III部 ヨーロッパの台頭からアジアの再興まで
    12.アジアの海の一体化 13.イギリスの工業化からヨーロッパ大陸の工業化まで 14.縮まった世界とイギリスの役割
    15.電信がイギリスのヘゲモニーをつくった 16.20世紀の世界とアメリカのヘゲモニー
    17.戦後のアジア 再興から一帯一路まで
  • 著者について

    玉木 俊明 (タマキ トシアキ)
    京都産業大学経済学部教授
    大阪市生まれ。1987年同志社大学文学部文化学科卒。93年同大学院博士課程中退。96年京都産業大学経済学部講師、2000年助教授、2007年教授。09年「北方ヨーロッパの商業と経済 1550-1815年」で大阪大学文学博士。『先生も知らない世界史』『先生も知らない経済の世界史』『ヨーロッパ覇権史』『物流は世界史をどう変えたのか』など著書多数。

逆転の世界史―覇権争奪の5000年 Why Europe Surpassed Asia? の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本経済新聞出版社
著者名:玉木 俊明(著)
発行年月日:2018/05/24
ISBN-10:4532176387
ISBN-13:9784532176389
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:外国歴史
言語:日本語
ページ数:243ページ
縦:19cm

    日本経済新聞社 逆転の世界史―覇権争奪の5000年 Why Europe Surpassed Asia? [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!