写真論 [単行本]
    • 写真論 [単行本]

    • ¥1,98060ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
100000009002969503

写真論 [単行本]

価格:¥1,980(税込)
ポイント:60ポイント(3%還元)(¥60相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:晶文社
販売開始日: 2018/04/20
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

写真論 [単行本] の 商品概要

  • 目次

    プラトンの洞くつで
    写真で見る暗いアメリカ
    メランコリーな対象
    視覚のヒロイズム
    写真の四福音書
    映像世界
    引用の冊子
    訳者あとがき
  • 内容紹介

    写真は世界の断片を収集し、世界を模写する。多くの写真映像が氾濫する今日、写真について語ることは世界について語ることだ。
    本書は、絵画や文学との違いを明確にしつつ、写真が「現実と創造力の交差」という現代文化の中心テーマをとく鍵であることを指摘する。アッジェ、アーバスらの作品世界を通して「写真時代」の文化構造を読み解く最もラディカルな批評家の本格的写真文化論。
  • 著者について

    スーザン・ソンタグ (スーザンソンタグ)
    1933年ニューヨーク生まれ。ハーヴァード、パリ大学で哲学を学んだ後、雑誌編集者を経て大学で哲学を講じる。63年『恩恵者』66年評論『反解釈』を発表し、60年代のアメリカ文学の旗手として注目を浴びた。現代的感性を鋭く分析するラディカルな批評活動をつづけ、2004年ニューヨークにて死去。

    近藤耕人 (コンドウ コウジン)
    1933年東京生まれ。東京大学文学部英文科卒業。明治大学名誉教授。 著書に『映像と言語』『映像言語と想像力』『見える像と見えない像』『見ることと語ること』『映像・肉体・ことば』『眼と言葉』『アイルランド幻想紀行』『ドン・キホーテの写真』ほか。 訳書に、バーナウ『世界ドキュメンタリー史』、ジョイス『さまよえる人たち』ほか。

写真論 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:晶文社
著者名:スーザン ソンタグ(著)/近藤 耕人(訳)
発行年月日:2018/04
ISBN-10:4794970234
ISBN-13:9784794970237
判型:A5
対象:一般
発行形態:単行本
内容:写真・工芸
言語:日本語
ページ数:263ページ
縦:19cm
横:14cm
他の晶文社の書籍を探す

    晶文社 写真論 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!