しっぽの声<2>(ビッグ コミックス) [コミック]
    • しっぽの声<2>(ビッグ コミックス) [コミック]

    • ¥60719ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年7月13日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002970442

しっぽの声<2>(ビッグ コミックス) [コミック]

価格:¥607(税込)
ポイント:19ポイント(3%還元)(¥19相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年7月13日月曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2018/05/30
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

しっぽの声<2>(ビッグ コミックス) [コミック] の 商品概要

  • 目次

    第8話/ペットショップ/005
    第9話/うばわれた声/029
    第10話/つくられた命/053
    第11話/バベルの呼び声/077
    第12話/無慈悲なババ抜き/101
    第13話/繰り返す連鎖/125
    第14話/バックヤード/149
    第15話/わかれ道/173
  • 内容紹介

    ペットの大売り出し――その本当の意味は?

    保護犬や保護猫の命をつなぐ場―――

    譲渡会に参加した天原士狼と獅子神太一は、

    怪しいブリーダーの噂を耳にする。

    二人の心に火がつき、一瞬にして燃え上がる使命感。

    命の炎がこれ以上消えてしまわぬように

    二人はペット流通に潜む闇を突き進むのだが………

    【編集担当からのおすすめ情報】
    “ペットショップで売れ残った仔犬と仔猫はどうなるのか?”
    “ペットショップで《仔犬フェア》と銘打って、割引されて売られることは何を意味するのだろう?”
    ペットだからといって、命の重さを人が決めていいものでしょうか?
    ペットの命は人の命よりも軽いのでしょうか?

    私達が見過ごしがちなところに、ペット流通の大きな闇が見え隠れしている気がします。
    商品が大量生産され、流通にのって消費者にわたる。もちろん“不人気商品”が生じる――生体展示販売によってペットを売り続ける以上、売れ残るペットが出てきます。本来ならば殺さなくてもよい命が次々に生まれ続けます。我々はこの悲惨な現実から、目を背けてはいけません!!
    食べるものも住むところも、ペットは自らの一生を決めることができません。その総てを人間に委ねて生きています。声なき声に、耳を傾けて寄り添えるのは人間だけなのです。

しっぽの声<2>(ビッグ コミックス) [コミック] の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:夏 緑(原著)/ちくやま きよし(画)
発行年月日:2018/05
ISBN-10:409189898X
ISBN-13:9784091898982
判型:B6
発行形態:コミック
内容:コミック・劇画
言語:日本語
ページ数:194ページ
縦:18cm
他の小学館の書籍を探す

    小学館 しっぽの声<2>(ビッグ コミックス) [コミック] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!