逃げられない世代―日本型「先送り」システムの限界(新潮新書) [新書]
    • 逃げられない世代―日本型「先送り」システムの限界(新潮新書) [新書]

    • ¥88027ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年12月9日月曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002972305

逃げられない世代―日本型「先送り」システムの限界(新潮新書) [新書]

価格:¥880(税込)
ポイント:27ポイント(3%還元)(¥27相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年12月9日月曜日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:新潮社
販売開始日:2018/06/15
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 51480位

逃げられない世代―日本型「先送り」システムの限界(新潮新書) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    2036年。あらゆる問題を「先送り」してしのいできた日本に限界が来る。これ以上の「先送り」は不可能になるのだ。年金、保険などの社会保障はもとより安全保障に至るまで、国家システムの破綻は回避できるのか。危機の本質を政官のメカニズムに精通した若手論客が描き出す。なぜ国会では何も決まらない?財政破綻は近い?異次元緩和の利得者は?日米同盟は盤石か?すべての議論の出発点となる画期的論考。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 先送り国家日本の構造と「逃げられない世代」(キャリア官僚から放浪生活へ
    経産省内からの「改革」 ほか)
    第2章 社会保障の先送り課題について(最大の政府予算部門
    財務省への大いなる勘違い ほか)
    第3章 迫り来る安全保障の危機(経済産業省の源流
    太平洋戦争を支えた組織 ほか)
    第4章 私たちはどう生きるべきか?(未来は真っ暗なのか?
    まだ伸び続ける寿命 ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    宇佐美 典也(ウサミ ノリヤ)
    1981(昭和56)年東京都生まれ。東京大学経済学部卒業後、経済産業省入省。2012年に退職。太陽光発電等に関わるコンサルティングの傍ら、メディア出演、著述活動に勤しむ。岡山県立大学客員准教授
  • 出版社からのコメント

    2036年、完全崩壊。年金、保険、財政赤字から安全保障まで、若手論客が危機の本質を描き出す!
  • 内容紹介

    2036年、完全崩壊。年金、保険、財政赤字から安全保障まで、国家システムの破綻は回避できるのか。危機の本質を若手論客が鮮やかに描き出す。すべての議論の出発点となる画期的論考!

逃げられない世代―日本型「先送り」システムの限界(新潮新書) の商品スペック

商品仕様
出版社名:新潮社
著者名:宇佐美 典也(著)
発行年月日:2018/06/20
ISBN-10:4106107716
ISBN-13:9784106107719
判型:新書
対象:一般
発行形態:新書
内容:政治含む国防軍事
言語:日本語
ページ数:253ページ
縦:18cm
横:11cm

    新潮社 逃げられない世代―日本型「先送り」システムの限界(新潮新書) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!