なぜ日本はフジタを捨てたのか?―藤田嗣治とフランク・シャーマン1945~1949 [単行本]
    • なぜ日本はフジタを捨てたのか?―藤田嗣治とフランク・シャーマン1945~1949 [単行本]

    • ¥2,64080ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2019年10月18日金曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002973015

なぜ日本はフジタを捨てたのか?―藤田嗣治とフランク・シャーマン1945~1949 [単行本]

価格:¥2,640(税込)
ポイント:80ポイント(3%還元)(¥80相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年10月18日金曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:その他
販売開始日:2018/05/01
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 74738位

なぜ日本はフジタを捨てたのか?―藤田嗣治とフランク・シャーマン1945~1949 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    絶対絶命の世界的画家を救った一人のアメリカ人がいた。フランク・エドワード・シャーマン。しかし、その名は日本の戦後史から塗り消されてしまう。日本人が目をそむけてきた不都合な真実が、秘蔵資料から今明らかになる。藤田嗣治没後50年、離日して70年。日本画壇はなぜ壊滅しなければならなかったのか?
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    戦時下の闘争
    フランク・シャーマン
    GHQの戦争画収集
    フジタはどこに
    挑発
    出会い
    戦犯追及
    フジタとの日々
    シャーマンルーム
    日展の抗争
    二人の裸婦
    妨害
    ケネディ画廊の個展
    作戦
    京都遊興三昧
    光明
    フジタを探せ
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    富田 芳和(トミタ ヨシカズ)
    1954年東京生まれ。早稲田大学文学部美術史学専攻課程修了。『新美術新聞』編集長、『アート・トップ』編集長を歴任し、「河村アートプロジェクト」チーフディレクター

なぜ日本はフジタを捨てたのか?―藤田嗣治とフランク・シャーマン1945~1949 の商品スペック

商品仕様
出版社名:静人舎
著者名:富田 芳和(著)
発行年月日:2018/05/01
ISBN-10:4909299017
ISBN-13:9784909299017
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
ページ数:267ページ
縦:19cm

    その他 なぜ日本はフジタを捨てたのか?―藤田嗣治とフランク・シャーマン1945~1949 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!