自分でできる「ハウスの見える化」 ICT農業の環境制御システム製作 [単行本]
    • 自分でできる「ハウスの見える化」 ICT農業の環境制御システム製作 [単行本]

    • ¥2,80885ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日21:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002981897

自分でできる「ハウスの見える化」 ICT農業の環境制御システム製作 [単行本]

中野 明正(編著)安 東赫(編著)栗原 弘樹(編著)
価格:¥2,808(税込)
ポイント:85ポイント(3%還元)(¥85相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日21:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:誠文堂新光社
販売開始日:2018/08/18
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 56300位

自分でできる「ハウスの見える化」 ICT農業の環境制御システム製作 の 商品概要

  • 目次

    1章 農業のICT
    ・UECSとは何か(近畿大学 星岳彦)
    ・農業ICTの現状と施設におけるUECSの実践イメージ(農林水産省農林水産技術会議事務局 中野明正)
    2章 UECSの環境制御の組み立てと設定
    ・施設栽培における環境制御とUECSキット(農研機構 安東赫)
    ・環境計測ノードの作り方(栗原弘樹)
    ・環境制御ノードの作り方(農研機構 安東赫)
    ・環境計測ノードの設定方法(栗原弘樹)
    ・環境制御ノードの設定方法(農研機構 安東赫)
    3章 UECSによる環境モニアリングとクラウド利用
    ・環境計測・制御ノードデータのモニタリング(農研機構 安東赫)
    ・UECS環境計測・制御ノードのクラウド利用(株式会社ワビット 戸板裕康)
    4章 データを活用した環境制御の基礎と収量予測
    ・栽培のための植物工場データ活用の基礎知識(農林水産省農林水産技術会議事務局 中野明正)
    ・ソフトウェアの活用(農研機構 安東赫)
    5章 実例で学ぶUECS導入
    ・岩手県の実証研究 中小規模施設でのUECS導入(岩手県農業研究センター技術部野菜花き研究室 藤尾拓也)
    ・兵庫県の実証研究 UECS活用に向けた取り組みについて(兵庫県立農林水産技術総合センター農業技術センター農産園芸部 渡邉圭太)
    ・静岡県の生産者事例 私にもできた! UECS-Piで環境制御(元気・はつらつ農園株式会社代表 加藤敦)
    6章 ICT農業の未来
    ・ICT農業のさらなる技術普及を目指して(農林水産省農林水産技術会議事務局 中野明正)
    ・ICT農業の今後とUECSの現状と展望(岡山大学農学部野菜園芸学研究室 安場健一郎)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    中野 明正(ナカノ アキマサ)
    山口県出身。1990年九州大学農学部農芸化学科卒業。1995年京都大学大学院農学研究科博士課程中退。1995年から農研機構において園芸作物の生産技術および品質制御に関する研究開発を実施。農学博士(名古屋大学、2001年)、技術士(農業)、野菜ソムリエ上級プロ、土壌医などの様々な資格を活かし、生産から消費まで、またJICA専門家として海外において、農業と科学技術の架け橋を目指し、取り組んでいる。現在、農林水産省農林水産技術会議事務局研究調整官

    安 東赫(アン ドンヒョク)
    韓国済州道出身。2004年大阪府立大学大学院博士課程修了。茨城県農業総合センター園芸研究所、千葉大学を経て、2009年より農研機構野菜花き研究部門に勤務。近年は果菜類の生育・収量予測技術、UECSを含む施設環境制御技術、施設野菜の生育制御技術について研究している。農学博士

    栗原 弘樹(クリバラ ヒロキ)
    群馬県出身。2014年千葉大学園芸学部卒業。2014~2018年農研機構野菜花き研究部門に勤務後、実家の農園にUターン就農
  • 出版社からのコメント

    植物工場のようにハウスの数値を見える化する環境制御を自作する。その方法を紹介。
  • 内容紹介

    農業施設に設置された温度計や湿度計の計測データを見える化するための
    環境制御システムをつくる方法を紹介。
    温度管理や天そうの開閉など、すでに自動化している圃場は多い。

    本書はそういった環境をモニタリングするためのシステムをつくるための手引書。
    圃場の環境を「見える化」することで、より効率的に栽培することができる。
    簡単な電子工作とパソコン作業で、自分の圃場を植物工場に!!

    ■目次
    1章 農業のICT
    ・UECSとは何か(近畿大学 星岳彦)
    ・農業ICTの現状と施設におけるUECSの実践イメージ(農林水産省農林水産技術会議事務局 中野明正)
    2章 UECSの環境制御の組み立てと設定
    ・施設栽培における環境制御とUECSキット(農研機構 安東赫)
    ・環境計測ノードの作り方(栗原弘樹)
    ・環境制御ノードの作り方(農研機構 安東赫)
    ・環境計測ノードの設定方法(栗原弘樹)
    ・環境制御ノードの設定方法(農研機構 安東赫)
    3章 UECSによる環境モニアリングとクラウド利用
    ・環境計測・制御ノードデータのモニタリング(農研機構 安東赫)
    ・UECS環境計測・制御ノードのクラウド利用(株式会社ワビット 戸板裕康)
    4章 データを活用した環境制御の基礎と収量予測
    ・栽培のための植物工場データ活用の基礎知識(農林水産省農林水産技術会議事務局 中野明正)
    ・ソフトウェアの活用(農研機構 安東赫)
    5章 実例で学ぶUECS導入
    ・岩手県の実証研究 中小規模施設でのUECS導入(岩手県農業研究センター技術部野菜花き研究室 藤尾拓也)
    ・兵庫県の実証研究 UECS活用に向けた取り組みについて(兵庫県立農林水産技術総合センター農業技術センター農産園芸部 渡邉圭太)
    ・静岡県の生産者事例 私にもできた! UECS-Piで環境制御(元気・はつらつ農園株式会社代表 加藤敦)
    6章 ICT農業の未来
    ・ICT農業のさらなる技術普及を目指して(農林水産省農林水産技術会議事務局 中野明正)
    ・ICT農業の今後とUECSの現状と展望(岡山大学農学部野菜園芸学研究室 安場健一郎)
  • 著者について

    中野 明正 (ナカノ アキマサ)
    中野 明正:農林水産省農林水産技術会議事務局 研究調整官(園芸、ゲノム、基礎・基盤)

    安東 赫 (アンドンヒョク)
    安東 赫:国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 野菜花き研究部門 野菜生産システム研究領域 施設生産ユニット 農学博士・上級研究員

    栗原 弘樹 (クリハラ ヒロキ)
    栗原 弘樹:元・国立研究開発法人 農業・食品産業技術総合研究機構 野菜花き研究部門所属。2018年春より、栗原ファームにて、本書ICT環境制御を活用しトマト栽培に取り組む。

自分でできる「ハウスの見える化」 ICT農業の環境制御システム製作 の商品スペック

商品仕様
出版社名:誠文堂新光社
著者名:中野 明正(編著)/安 東赫(編著)/栗原 弘樹(編著)
発行年月日:2018/08/26
ISBN-10:4416618719
ISBN-13:9784416618714
判型:B5
対象:実用
発行形態:単行本
内容:農林業
言語:日本語
ページ数:151ページ
縦:26cm

    誠文堂新光社 自分でできる「ハウスの見える化」 ICT農業の環境制御システム製作 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!