老人のライセンス [単行本]
    • 老人のライセンス [単行本]

    • ¥84226ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日18:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002985799

老人のライセンス [単行本]

価格:¥842(税込)
ポイント:26ポイント(3%還元)(¥26相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日18:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:河出書房新社
販売開始日:2018/07/23
ご確認事項:返品不可

老人のライセンス [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    老成を極めた人間力にせまる66篇。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 老人って何?(老人って何?
    「若返り」対「老成」の構図 ほか)
    第2章 老猿に道をゆずるの巻(老猿に道をゆずるの巻
    蓮っ葉な女の読書に翻弄される ほか)
    第3章 理想ではないが、妻である(文鎮の安心と重みよ、今いずこ
    右と左に泣き別れる老人の心もよう ほか)
    第4章 何しろ、人間の舌は器用なもんでしてね(何しろ、人間の舌は器用なもんでしてね
    鮨ネタの栄枯盛衰 ほか)
    第5章 今日は、絶好の雨日和(黒鉄ヒロシという謎の生命体
    病んだヨーロッパ人、伊丹十三 ほか)
    第6章 涙をさそう唐辛子の焼香(極め付きの無表情
    上り坂と下り坂はどっちが多い? ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    村松 友視(ムラマツ トモミ)
    1940年、東京生まれ。慶應義塾大学文学部卒業。82年『時代屋の女房』で直木賞、97年『鎌倉のおばさん』で泉鏡花文学賞を受賞
  • 出版社からのコメント

    類まれなる観察眼で、味わい深い老人を見つめ続けてきた著者が、老成を極めた達人たちを描き、満開の人間力にせまる!極上のエッセイ
  • 著者について

    村松 友視 (ムラマツ トモミ)
    1940年東京生れ。慶応大学文学部卒業。『時代屋の女房』で直木賞、『鎌倉のおばさん』で泉鏡花賞受賞。著書に『アブサン物語』『野良猫ケンさん』『老人の極意』『北の富士流』『アリと猪木のものがたり』等。

老人のライセンス [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:河出書房新社
著者名:村松 友視(著)
発行年月日:2018/07/30
ISBN-10:4309027148
ISBN-13:9784309027142
判型:新書
対象:一般
発行形態:単行本
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:219ページ
縦:18cm

    河出書房新社 老人のライセンス [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!