長谷川平蔵人足寄場 平之助事件帖〈3〉死守(小学館文庫) [文庫]
    • 長谷川平蔵人足寄場 平之助事件帖〈3〉死守(小学館文庫) [文庫]

    • ¥66020ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2021年12月9日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002987141

長谷川平蔵人足寄場 平之助事件帖〈3〉死守(小学館文庫) [文庫]

価格:¥660(税込)
ポイント:20ポイント(3%還元)(¥20相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2021年12月9日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:小学館
販売開始日: 2018/07/06
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

長谷川平蔵人足寄場 平之助事件帖〈3〉死守(小学館文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    無宿人たちが店を襲い狼藉を働くという騒ぎが続き、人足寄場を出た戸佐造と又次が、その頭となっていた。さらに二人は、年季を終え寄場を出た者や、寄場で作った品々を町に売りに出ている者を仲間に引き入れようと声を掛けていた。一連の事件を受けて、幕閣の中からは人足寄場の廃止を唱える者も出た。平之助は、町年寄三名のもとを再び訪れ寄場の意義を説いた結果、寄場存続を願う嘆願書が出され、廃止はまぬがれた。しかし、騒ぎは収まる様子がない。さらに調べを進めると、背後に某藩と結んだ商人の思惑が浮上した。新たな騒ぎの動きを掴んだ平之助だったが…。
  • 内容紹介

    人足寄場はなくしてはならぬ!好評第3弾!

    阿比留平之助と弥五平は、上野山下で無宿者たちが狼藉を働く現場に遭遇した。その頭となっているのが、人足寄場を出た戸佐造と又次だった。死者と多数の怪我人が出た無宿人による騒ぎは、さらに続き、江戸中に知られることとなった。一連の事件は、人足寄場が無宿者の更正に役立っていないのではないかという意見を生み、幕閣の中には人足寄場の廃止を唱える者も出た。
    戸佐造と又次の行方を追う平之助は、一味が寄場にいた者や商品を売り歩くために市中に出ている人足寄場の者に声を掛けていることを掴む。
    平之助は、人足寄場を廃止させないために、町方から存続を願う嘆願書を書いてもらおうと考えた。春の高潮の折りに、寄場の修復費用を出してもらった、町年寄三名を訪ねた平之助は、三人の心を動かすことに成功する。そして、寄場の存続が決定した。ただ、無宿者による騒ぎが起こったら、廃止すると言われる。
    戸佐造と又次を捕らえようと調べを進めると、平之助は背後に某藩と結んだ商人がいることに気がついた。騒ぎを起こそうとする動きを掴んだ平之助だったが、一味の偽の動きに騙され………。黒幕も含めた一味を捕らえることが出来るのか。





    【編集担当からのおすすめ情報】
    『おれは一万石』シリーズが好評の著者による、シリーズ第3弾です!解説は、文芸評論家の菊池仁さんです。

    図書館選書
    人足寄場を年季で出た者が中心となり、店や客に狼藉を働くという事件が起こった。老中からは人足寄場廃止を唱える者が出てきた。調べを進めると、そこには某藩と組んだ商人による企みが浮上!平之助はどう戦う?
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    千野 隆司(チノ タカシ)
    1951年東京都生まれ。國學院大學文学部卒。90年、「夜の道行」で小説推理新人賞を受賞

長谷川平蔵人足寄場 平之助事件帖〈3〉死守(小学館文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:小学館
著者名:千野 隆司(著)
発行年月日:2018/07/11
ISBN-10:4094065350
ISBN-13:9784094065350
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:268ページ
縦:15cm
その他:死守
他の小学館の書籍を探す

    小学館 長谷川平蔵人足寄場 平之助事件帖〈3〉死守(小学館文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!