浜村渚の計算ノート〈8と1/2さつめ〉つるかめ家の一族(講談社文庫) [文庫]
    • 浜村渚の計算ノート〈8と1/2さつめ〉つるかめ家の一族(講談社文庫) [文庫]

    • ¥69142ポイント(6%還元)
    • 在庫あり2019年5月21日火曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002987590

浜村渚の計算ノート〈8と1/2さつめ〉つるかめ家の一族(講談社文庫) [文庫]

価格:¥691(税込)
ポイント:42ポイント(6%還元)(¥42相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2019年5月21日火曜日12:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:講談社
販売開始日:2018/07/13
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 59256位

浜村渚の計算ノート〈8と1/2さつめ〉つるかめ家の一族(講談社文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    群馬県死ノ字村。通称「方程式を使うことを禁じられた村」で、気味の悪い数え歌をなぞるように連続怪死事件が起きた。数学少女は、この究極の難問をどうやって解決するのか!?二つの旧家=鶴ノ森家と亀倉家をめぐる血塗られた因縁とは。シリーズ史上、もっともディープな愛憎劇が鳥肌ものの、特別長編!
  • 内容紹介

    警視庁の武藤は、群馬の大地主の血を引く亀倉行俊の葬式に潜入した。彼の家から、黒い三角定規との繋がりを暗示するものが見つかったからだ。かて行俊の祖先は鶴亀と名乗っていたが、莫大な財産をめぐる相続問題により、「鶴ノ森家」と「亀倉家」に分裂していた。二つの家に隠された秘密ととは――。血なまぐさい事件が、浜村渚によって数学的解決をみる!
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    青柳 碧人(アオヤギ アイト)
    1980年、千葉県生まれ。早稲田大学教育学部卒業。早稲田大学クイズ研究会OB。『浜村渚の計算ノート』で第3回「講談社Birth」小説部門を受賞し、小説家デビュー

浜村渚の計算ノート〈8と1/2さつめ〉つるかめ家の一族(講談社文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:講談社
著者名:青柳 碧人(著)
発行年月日:2018/07/13
ISBN-10:4065122023
ISBN-13:9784065122020
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:日本文学小説
言語:日本語
ページ数:391ページ
縦:15cm
その他:つるかめ家の一族

    講談社 浜村渚の計算ノート〈8と1/2さつめ〉つるかめ家の一族(講談社文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!