アンネ・フランク―日記は語る(講談社火の鳥伝記文庫〈16〉) [新書]
    • アンネ・フランク―日記は語る(講談社火の鳥伝記文庫〈16〉) [新書]

    • ¥81425ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
アンネ・フランク―日記は語る(講談社火の鳥伝記文庫〈16〉) [新書]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009002988298

アンネ・フランク―日記は語る(講談社火の鳥伝記文庫〈16〉) [新書]

価格:¥814(税込)
ポイント:25ポイント(3%還元)(¥25相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:講談社
販売開始日: 2018/08/22
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

アンネ・フランク―日記は語る(講談社火の鳥伝記文庫〈16〉) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    アンネ・フランクは、1929年にドイツの裕福な家庭に生まれました。アンネの生後ほどなく、ドイツで独裁者となったヒトラーは、ユダヤ人の迫害をおしすすめました。そのため、アンネ一家は中立国のオランダへのがれます。しかし、第二次世界大戦が勃発すると、そのオランダもドイツに占領されてしまいます。オランダの首都アムステルダムの隠れ家で、身をひそめてくらしたアンネたち。一歩も外に出られなかった13歳からの約2年間の日々を、アンネは日記に書きつづけました。15歳で消えた命の火。最期までせいいっぱい生きた少女の記録です。小学上級から。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    1 アンネ・フランク、ドイツに生まれる
    2 ドイツ脱出
    3 隠れ家へ
    4 少女から大人へ
    5 つかのまの春
    6 死地への移送
    7 アンネがのこしたもの
  • 出版社からのコメント

    アンネ・フランクは1929年にドイツに生まれたユダヤ人の少女です。ユダヤ人迫害のために途絶えた15年の生涯を紹介します。
  • 内容紹介

     第二次世界大戦前・戦中、ヨーロッパの多くの地域では、ナチス・ドイツにより、ユダヤ人への激しい迫害が行われました。アンネ・フランクはドイツに生まれたユダヤ人の少女です。ナチスの手から逃れるため、家族は2年にわたりオランダでの隠れ家生活を耐えますが、やがて強制収容所に送られてしまいます。アンネは収容先で衰弱し、15歳の命を終えます。「アンネの日記」や、確かな資料をもとにした、新しく描かれた伝記です。


     第二次世界大戦前・戦中、ヨーロッパの多くの地域では、ナチス・ドイツにより、ユダヤ人への激しい迫害が行われました。アンネ・フランクは1929年にドイツに生まれたユダヤ人の少女です。ナチスの手から逃れるため、家族は2年にわたりオランダでの隠れ家生活を耐えますが、やがて強制収容所に送られてしまいます。アンネは収容先で衰弱し、15歳の命を終えます。アンネが収容所に送られる前の隠れ家での生活や、心の葛藤を書きづづった「アンネの日記」は、やがて、家族で一人だけ生還した父のオットー・フランクによって出版されました。この貴重な記録と、信頼性の高い資料をもとに、今回の伝記を新しく刊行します。ユダヤ人差別はなぜ起きたのかについても、作品の中でわかりやすく説明しています。

    *巻末に人物伝つき
    *小学上級から 
    *すべての漢字にふりがなつき
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    岡田 好惠(オカダ ヨシエ)
    青山学院大学仏文科卒。著書多数

    佐竹 美保(サタケ ミホ)
    画家。SF、ファンタジーを中心に幅広く活躍
  • 著者について

    岡田 好惠 (オカダ ヨシエ)
    ●翻訳家、著述家。静岡県熱海市に生まれる。青山学院大学仏文科卒業。『地球をかいにきたゾウ宇宙人』で第4回福島正実記念SF童話賞を受賞。主な翻訳に「ティーン・パワーをよろしく」シリーズ、「フェアリー・レルム」シリーズ、「デルトラ・クエスト」シリーズ、「魔法の国のかわいいバレリーナ」シリーズ、『みんなが知らない美女と野獣』。絵本の翻訳に「アンジェリーナ」シリーズなど。

    佐竹 美保 (サタケ ミホ)
    ●画家。1957年富山県生まれ。SF、ファンタジーを中心に幅広く活躍。おもな作品に『魔女の宅急便』(その3~その6、角野栄子)、「ハウルの動く城」シリーズ(ダイアナ・ウィン・ジョーンズ、訳=西村(にしむら)醇子(じゅんこ)・市田泉)、『ヨーレのクマー』(宮部みゆき)などがある。

アンネ・フランク―日記は語る(講談社火の鳥伝記文庫〈16〉) の商品スペック

商品仕様
出版社名:講談社
著者名:岡田 好惠(文)/佐竹 美保(絵)
発行年月日:2018/08/20
ISBN-10:4065127076
ISBN-13:9784065127070
判型:B6
対象:児童
発行形態:新書
内容:伝記
言語:日本語
ページ数:253ページ
縦:18cm
他の講談社の書籍を探す

    講談社 アンネ・フランク―日記は語る(講談社火の鳥伝記文庫〈16〉) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!