Amazon Alexa開発ガイド Amazon Echoを利用したWebサービス・デバイスの作り方 (AI & TECHNOLOGY) [単行本]
    • Amazon Alexa開発ガイド Amazon Echoを利用したWebサービス・デバイスの作り方 (AI & TEC...

    • ¥3,08093ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2024年6月26日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009002992535

Amazon Alexa開発ガイド Amazon Echoを利用したWebサービス・デバイスの作り方 (AI & TECHNOLOGY) [単行本]

価格:¥3,080(税込)
ポイント:93ポイント(3%還元)(¥93相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2024年6月26日水曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:翔泳社
販売開始日: 2018/08/24
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

Amazon Alexa開発ガイド Amazon Echoを利用したWebサービス・デバイスの作り方 (AI & TECHNOLOGY) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    本書は今後様々なWebサービスやデバイスが増えてくると予想されるAmazon Alexaを利用したスキル開発、Webサービス連携アプリ開発、AVS対応アプリ開発の入門書です。Part1では、Amazon Alexaの開発環境の準備からはじまりAmazon Alexaのコア技術であるスキル開発の基本、デバッグから公開方法を解説します。またWebサービス連携アプリ、スマートホームスキルの開発方法を解説します。Part2では、Raspberry Piを利用したAVS対応アプリケーションの開発手法を解説します。またAppendixでは、SSML(Speech Synthesis Markup Language)、Alexa Skills Kitコマンドラインインターフェースについて解説します。
  • 目次

    Chapter 1 Amazon AlexaとAmazon Echo
    Chapter 2 Amazon AlexaとAWSの準備
    Chapter 3 スキル開発入門
    Chapter 4 スキルのデバッグから公開
    Chapter 5 Webサービス連携アプリの開発
    Chapter 6 スマートホームスキルの開発
    Chapter 7 AVSを利用したアプリケーションの構築方法
    Appendix SSML/CLI

  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    加藤 勝也(カトウ カツヤ)
    株式会社メルカリ/メルペイ所属。新卒で入った某家電メーカーでカメラなどの組込みソフトウェア開発に従事する傍ら、個人でiOS/Androidの黎明期からアプリ開発を行う。個人ではCrossBridge名義で活動中

    木村 堯海(キムラ タクミ)
    家電と連携するAndroidアプリ開発や業務用Android端末のフレームワーク拡張、プリインアプリ開発に従事

    小林 慎治(コバヤシ シンジ)
    一児の父。Android黎明期からアプリ開発、Android Frameworkの開発に従事する。現在はWebサービス開発に携わり、Linux KernelからWebアプリ開発まで幅広くこなす
  • 出版社からのコメント

    Amazon Alexa(アマゾン アレクサ)でWebサービスやAVS対応アプリを開発しよう!
  • 内容紹介

    【本書の概要】
    2017年後半から国内でもAIスピーカーが続々と登場してきました。
    その中でも注目されているのが「Amazon Echo」シリーズです。
    同シリーズは、Alexa(アレクサ)というAIを搭載しています。

    本書は今後様々なWebサービスやデバイスが増えてくると予想される
    Amazon Alexaを利用したWebサービスおよびデバイス開発の入門書です。
    Part1では、Amazon Alexaの開発環境の準備からはじまり
    Amazon Alexaのコア技術であるスキル開発の基本やWebサービスの開発手法を解説します。
    Part2では、AVS(Alexa Voice Service)やRaspberry Piを利用したアプケーションの開発手法を解説します。
    Appendixでは、SSML(Speech Synthesis Markup Language)、
    Alexa Skills Kitコマンドラインインターフェースについて解説します。

    【ターゲット層】
    AIスピーカーと連携したWebサービスやデバイス開発を考えている方
    (Webサービス開発者、組込みエンジニア、Iotデバイス開発者)

    【著者】
    加藤勝也
    新卒で入った某家電メーカーでカメラなどの組込みソフトウェア開発に従事する傍ら、
    個人でiOS/Androidの黎明期からアプリ開発を行う。気がついたら組込み屋からモバイルエンジニアに転身。

    木村尭海
    家電と連携するAndroidアプリやAndroid端末のプリインアプリ開発に従事。
    著書に『プロの力が身につく Androidプログラミングの教科書』(ソフトバンククリエイティブ)がある。

    小林 慎治
    一児の父。Android黎明期からアプリ開発、Android Frameworkの開発に従事する。
    現在はWebサービス開発に携わり、LinuxKernelからWebアプリ開発まで幅広くこなす。

Amazon Alexa開発ガイド Amazon Echoを利用したWebサービス・デバイスの作り方 (AI & TECHNOLOGY) の商品スペック

商品仕様
出版社名:翔泳社
著者名:加藤 勝也(著)/木村 堯海(著)/小林 慎治(著)
発行年月日:2018/08/24
ISBN-10:4798156590
ISBN-13:9784798156590
判型:B5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:電子通信
付録:有
言語:日本語
ページ数:295ページ
縦:23cm
横:19cm
その他:ダウンロードファイル
他の翔泳社の書籍を探す

    翔泳社 Amazon Alexa開発ガイド Amazon Echoを利用したWebサービス・デバイスの作り方 (AI & TECHNOLOGY) [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!