怪談標本箱 雨鬼(竹書房文庫) [文庫]
    • 怪談標本箱 雨鬼(竹書房文庫) [文庫]

    • ¥71522ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年6月2日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
数量:
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002993366

怪談標本箱 雨鬼(竹書房文庫) [文庫]

価格:¥715(税込)
ポイント:22ポイント(3%還元)(¥22相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年6月2日火曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:竹書房
販売開始日: 2018/06/29
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

怪談標本箱 雨鬼(竹書房文庫) [文庫] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    神々の棲まう山と、魔の森に湖。前橋、高崎、安中、藤岡、舘林…鶴舞う形の群馬県で起きた様々な怪を地元を愛する著者が丹念に聞き集めた上毛怪談。子供が一人で渡ると影法師に攫われると噂の新前橋駅北の緑の陸橋。単なる子供の作り話かと思ったら…「影法師」、高崎市内の某宿泊施設にある泊めてはいけない部屋。その隣室で夜聞いたものとは…「あれが悪い」、ダムで入水自殺しかけた女を助けた夫婦。その女が語る意外な事実とは…「舘林の女」、禁じられた登山道に足を踏み入れた女性は絶壁でふと動けなくなる。見れば、足場に湧いた髑髏がつま先に噛みついていて…「榛名山の鎖場」他、あやし恐ろしの全47話!書き下ろし実話怪談!
  • 目次(「BOOK」データベースより)


    夜の一本道
    四月の老婆、他二編
    屋敷蛇
    あれが悪い
    放課後の謎
    食べるんだ?
    赤城南面道路
    赤城山の猫
    角落山鬼談〔ほか〕
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    戸神 重明(トガミ シゲアキ)
    地元高崎市でイベント「高崎怪談会」を主催

怪談標本箱 雨鬼(竹書房文庫) [文庫] の商品スペック

商品仕様
出版社名:竹書房
著者名:戸神 重明(著)
発行年月日:2018/07/06
ISBN-10:4801915140
ISBN-13:9784801915145
判型:文庫
対象:一般
発行形態:文庫
内容:諸芸・娯楽
ページ数:223ページ
縦:15cm
他の竹書房の書籍を探す

    竹書房 怪談標本箱 雨鬼(竹書房文庫) [文庫] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!