現代社会と経済倫理 [単行本]
    • 現代社会と経済倫理 [単行本]

    • ¥2,42073ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年4月3日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009002996987

現代社会と経済倫理 [単行本]

価格:¥2,420(税込)
ポイント:73ポイント(3%還元)(¥73相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年4月3日金曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:有斐閣
販売開始日: 2018/07/19
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

現代社会と経済倫理 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    本書の3つの工夫:(1)企業不祥事や長時間労働など、現実のさまざまな問題を取り上げて解説しています。(2)倫理学や経済学を学んだことがなくても読み進められるように、用語の説明を丁寧に行っています。(3)興味や関心に合わせて読むことができるように、各章のタイトルを問いかけの形式にしています。
  • 目次

    序 章 経済倫理を通して何を学ぶのか?
    第Ⅰ部 経済主体に求められる倫理的行動
     第1章 企業の利益追求は経済倫理と矛盾するのか?
     第2章 企業にはいま何が求められているのか?
     第3章 非営利組織はどのような役割を期待されているのか?
     第4章 企業にとって労働者はどのような存在なのか?
     第5章 労働者にとって労働はどれほど大切なものなのか?
     第6章 いま求められる消費のあり方とはどのようなものか?
    第Ⅱ部 新たな経済社会の枠組みを求めて
     第7章 市場はどのように評価されるのか?
     第8章 分配はどのようにあるべきなのか?
     第9章 福祉国家はなぜ必要とされたのか?
     第10章 福祉国家は何を行うのか?
     第11章 福祉国家はなぜ維持不可能なのか?
    終 章 経済倫理を学ぶことはなぜ大切なのか?
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    永合 位行(ナゴウ タカユキ)
    神戸大学大学院経済学研究科教授

    鈴木 純(スズキ ジュン)
    神戸大学大学院経済学研究科准教授
  • 内容紹介

    製造業の品質偽装,長時間労働と過労死,職場のハラスメントなど,新聞やニュースで取り上げられる経済倫理に関わるさまざまな問題を題材に,企業・労働者・消費者に求められる行動とは何かを,さらには経済社会のあるべき姿とは何かを模索する。

現代社会と経済倫理 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:有斐閣
著者名:永合 位行(著)/鈴木 純(著)
発行年月日:2018/07/15
ISBN-10:4641165270
ISBN-13:9784641165274
判型:B6
対象:教養
発行形態:単行本
内容:経済・財政・統計
言語:日本語
ページ数:234ページ
縦:19cm
他の有斐閣の書籍を探す

    有斐閣 現代社会と経済倫理 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!