ローカルテレビの60年―地域に生きるメディアの証言集 [単行本]
    • ローカルテレビの60年―地域に生きるメディアの証言集 [単行本]

    • ¥4,840146ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
ローカルテレビの60年―地域に生きるメディアの証言集 [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003001944

ローカルテレビの60年―地域に生きるメディアの証言集 [単行本]

価格:¥4,840(税込)
ポイント:146ポイント(3%還元)(¥146相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:森話社
販売開始日: 2018/08/07
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

ローカルテレビの60年―地域に生きるメディアの証言集 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    1950年代後半から60年代初頭にかけてテレビ放映を開始した、全国12の地方民放へのインタビュー集。ドキュメンタリー、ニュース、ローカルワイドなどの自社制作番組や、災害への対応、キー局や他メディアとの関係など、当事者による貴重な証言から地方民放の軌跡をたどる。
  • 目次

    刊行によせて=小川浩一

    [Ⅰ 北海道・東北編]
    北海道放送(溝口博史)
    IBC岩手放送(阿部正樹・柴田継家)
    山形放送(本間和夫・板垣正義・伊藤清隆)
    福島テレビ(糠澤修一・矢部久美子)
    まとめと解説──北海道・東北編=小林義寛

    [Ⅱ 甲信越編]
    新潟放送(苅部秀治)
    山梨放送(望月俊相・篠原公男・土橋巧)
    まとめと解説──甲信越編=米倉律

    [Ⅲ 中国・四国編]
    中国放送(金井宏一郎)
    南海放送(大西康司)
    高知放送(山岡博)
    まとめと解説──中国・四国編=米倉律

    [Ⅳ 九州・沖縄編]
    熊本放送(上野淳・筬島一也・沼野修一・井上佳子)
    南日本放送(丸山健太郎)
    沖縄テレビ放送(山里孫存)
    まとめと解説──九州・沖縄編=小林義寛

    [資料]
    放送関連主要賞一覧
    民間放送略史
    テレビネットワーク図

    おわりに=米倉律・小林義寛・小川浩一
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    米倉 律(ヨネクラ リツ)
    1968年、愛媛県生まれ。NHK報道局ディレクター、放送文化研究所主任研究員を経て、日本大学法学部新聞学科准教授。映像ジャーナリズム

    小林 義寛(コバヤシ ヨシヒロ)
    1961年、神奈川県生まれ。日本大学法学部新聞学科教授。文化社会学

    小川 浩一(オガワ コウイチ)
    1944年、東京都生まれ。東海大学名誉教授、元日本大学法学部新聞学科教授。社会学(社会変動論、コミュニケーション論)
  • 出版社からのコメント

    1950年代~60年代にかけて日本の各地域でテレビ放映を開始した、13の地方民放へのインタビュー集。
  • 内容紹介

    ローカル局だからできること、ローカル局にしかできないこと
    1950年代後半から60年代初頭にかけて、日本の各地域の最先発局としてテレビ放映を開始した、13の地方民放へのインタビュー集。
    地方発のドキュメンタリー、命と生活を守る災害報道、独自性あふれる自社制作番組、キー局や他メディアとの関係など、開局前後から現代まで、地域に根を下ろしながら情報発信を続けたローカル局の軌跡を、当事者の証言からたどる。
  • 著者について

    米倉律 (ヨネクラリツ)
    米倉律(よねくら・りつ)
    1968年、愛媛県生まれ。NHK報道局ディレクター、放送文化研究所主任研究員を経て、現在、日本大学法学部新聞学科准教授。映像ジャーナリズム
    『新放送論』(共編著、学文社、2018年)、「「戦争体験・記憶」の継承をめぐるポリティクス─“戦後七〇年”関連テレビ番組の内容分析を中心に─」(『政経研究』第54巻4号、2018年3月)、「震災テレビ報道における情報の「地域偏在」とその時系列変化─地名(市町村名)を中心としたアーカイブ分析から─」(『ジャーナリズム&メディア』第10号、2017年3月)

    小林義寛 (コバヤシヨシヒロ)
    小林義寛(こばやし・よしひろ)
    1961年、神奈川県生まれ。日本大学法学部新聞学科教授。文化社会学
    「多元的現実論の視点からメディアの信頼性への問い─A.シュッツのドン・キホーテ論を導き手に─」(『ジャーナリズム&メディア』第11号、2018年3月)、「遍在する、ニュースと〈個人〉─情報の「受け手/送り手」と「公共性」─」(伊藤守・岡井崇之編『ニュース空間の社会学─不安と危機をめぐる現代メディア論─』世界思想社、2015年)

    小川浩一 (オガワコウイチ)
    小川浩一(おがわ・こういち)
    1944年、東京都生まれ。東海大学名誉教授、元日本大学法学部新聞学科教授。社会学(社会変動論、コミュニケーション論)
    『マス・コミュニケーションへの接近』(編著、八千代出版、2005年)、『社会学的機能主義再考』(霜野寿亮との共著、啓文社、1980年)、「日本の階層固定化とジャーナリズム」(『ジャーナリズム&メディア』第5号、2009年3月)

ローカルテレビの60年―地域に生きるメディアの証言集 の商品スペック

商品仕様
出版社名:森話社
著者名:日本大学法学部新聞学研究所(監修)/米倉 律(編)/小林 義寛(編)/小川 浩一(編)
発行年月日:2018/08/07
ISBN-10:4864051305
ISBN-13:9784864051309
判型:A5
対象:教養
発行形態:単行本
内容:社会
言語:日本語
ページ数:333ページ
縦:22cm
他の森話社の書籍を探す

    森話社 ローカルテレビの60年―地域に生きるメディアの証言集 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!