新聞少年が一代で4903世帯の大家になった秘密の話 [単行本]
    • 新聞少年が一代で4903世帯の大家になった秘密の話 [単行本]

    • ¥1,65050ポイント(3%還元)
    • お取り寄せ
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003002583

新聞少年が一代で4903世帯の大家になった秘密の話 [単行本]

価格:¥1,650(税込)
ポイント:50ポイント(3%還元)(¥50相当)
お届け日:お取り寄せこの商品は、日時を指定できません。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:ぱる出版
販売開始日: 2018/07/20
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

新聞少年が一代で4903世帯の大家になった秘密の話 の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    姫路の不動産王が絶対にやってはいけないこと、知らないではすまされないこと、絶対にやらなくてはいけないことを伝授する!
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    第1章 絶対にやってはいけないこと―失敗する人がよくやってしまう投資例(なぜ駅前のワンルームを買ってはいけないのか
    都会のリスクがもっとも高い!? ほか)
    第2章 当然、知っているべきこと―投資家なら知らないではすまされない常識(急拡大したサラリーマン投資家への懸念
    不動産売買…購入にあたっての注意 ほか)
    第3章 見過ごすと危険なこと―本当にあった酷い話10例(破産したホテルを買ってシェアハウスに改装
    サブリース会社が勝手に家賃を下げていた ほか)
    第4章 絶対にやるべきこと―成功するためには避けて通れない必須事項(物件を買う決断
    1棟目キャッシュ、2棟目から融資がスピードを加速させる ほか)
    第5章 新聞少年が4903世帯の大家になるまで―夢を実現させるために、やり抜いてきたこと(16歳で新聞販売店に就職
    経済的安定のため「ビックオーナー」を目指す ほか)
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    大川 護郎(オオカワ ゴロウ)
    1972年生まれ。姫路市に育ち、小学生のときに親の会社が破綻、貧困生活を送る。16歳で新聞販売店に就職。23歳のときにコツコツ貯めたお金で不動産投資を始める。を肝に銘じ、23年で274棟4903室(2018年6月末現在)、家賃収入を含めた総年間収入48億円までに。全国セミナー等で「ゼロ家賃」構想を打ち立て大反響を浴びる

新聞少年が一代で4903世帯の大家になった秘密の話 の商品スペック

商品仕様
出版社名:ぱる出版
著者名:大川 護郎(著)
発行年月日:2018/07/26
ISBN-10:4827211299
ISBN-13:9784827211290
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:経済・財政・統計
ページ数:187ページ
縦:19cm
他のぱる出版の書籍を探す

    ぱる出版 新聞少年が一代で4903世帯の大家になった秘密の話 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!