パワーハラスメント 第2版 (日経文庫) [新書]
    • パワーハラスメント 第2版 (日経文庫) [新書]

    • ¥94629ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2020年10月1日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003006153

パワーハラスメント 第2版 (日経文庫) [新書]

  • 3.0
価格:¥946(税込)
ポイント:29ポイント(3%還元)(¥29相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2020年10月1日木曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:日本経済新聞社
販売開始日: 2018/08/17
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

パワーハラスメント 第2版 (日経文庫) [新書] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    パワーハラスメントとは、職場で相手より優位な立場にあることを利用して行ういじめ・嫌がらせです。パワハラを防ぐ職場づくりを実践的に解説。著者は「パワーハラスメント」という言葉を生み出し、厚生労働省・パワハラ防止対策検討会の委員もつとめた第一人者です。厚生労働省の報告書や最近の裁判例など、最新の状況を踏まえて全面的に見直しました。セクハラ、マタハラやLGBTへの差別など、さまざまなハラスメントについても詳説します。部長・課長やグループ長など、部下を管理する立場にあるビジネスパーソンは必読です。どこまでが指導でどこからがパワハラか、豊富なケーススタディをもとに学べます。
  • 目次

    第1章 社会問題化するパワハラ
    1 個別労働紛争が激増、職場での対策が急務に
    (1)パワハラ相談は急増している
    (2)企業が大きな不利益を受ける可能性
    2 労災認定されるようになったパワハラ
    (1)「ひどい嫌がらせ、いじめ」を判断指針に追加
    (2)会社の責任が認められるケースも多い
    3 言葉の普及によって起きている変化
    (1)何でもパワハラにする部下
    (2)加害者にも被害者にもなりうる怖さ
    4 裁判例に見るパワハラの実態と企業・加害者が負うリスク
    (1)加害者だけでなく企業も責任が問われる
    (2)裁判に至る前にできることがある
    5 誤解から新たな問題を生まないために
    (1)「パワハラ」という言葉を正しく理解する
    (2)パワハラのない職場は自分でつくる

    第2章 パワハラとはそもそも何か
    1 パワハラはこうして生まれた
    2 パワハラの定義
    (1)「職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に」とは
    (2)「業務の適正な範囲を超えて」とは
    (3)「精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」とは
    3 データで見る実態と影響力
    (1)パワハラと感じる言動のタイプと受け取り方
    (2)だれがパワハラを感じやすいのか
    (3)周囲へも悪影響を与える
    4 職場で問題がどう進行するのか
    (1)ケーススタディ:上司の叱責を苦にうつ病になって退職
    (2)指導がパワハラへとエスカレートする
    5 パワハラを起こしてしまう理由
    (1)加害者の気持ちを考える
    (2)パワハラに発展するメカニズム
    6 パワハラの起きやすい職場環境
    (1)閉鎖的な職場
    (2)忙しすぎる職場、暇すぎる職場
    (3)人や仕事のマネジメントが徹底されていない職場

    第3章 職場で起こるさまざまなハラスメント
    1 「○○ハラスメント」を整理する
    (1)セクシュアルハラスメント ― 世界的なムーブメントとなった#MeToo
    (2)モラルハラスメント ― パワハラと同じ意味
    (3)マタニティ(パタニティ)ハラスメント ― 妊娠・出産や育児は女性だけの問題ではない
    (4)ジェンダーハラスメント ― セクハラ、パワハラに発展も
    (5)ケアハラスメント ― 介護離職は他人事ではない
    2 職場で起こるハラスメントの共通点を理解する
    (1)NOと言えない力関係がある
    (2)侮辱された感覚をともなう
    (3)だれもが被害者にも加害者にもなる
    (4)エスカレートする
    (5)言語と非言語で行われる
    3 海外の動向を知る

    第4章 パワハラと指導の境い目はどこにあるのか
    1 暴力、暴言によるパワハラ
    ケース1 言うことを聞かないと嫌がらせをする上司
    2 新入社員への厳しい指導がパワハラに
    ケース2 上司の言葉を書き留めた手帳
    3 長時間労働とパワハラ問題が同時に起こったら
    ケース3 まじめで几帳面な部下が倒れた
    4 メールでの叱責はパワハラか
    ケース4 成績不良の部下を叱咤激励するメールを部員全員に出した部長
    5 部下の不正行為を厳しく叱責したらパワハラか
    ケース5 課長の不正経理を厳しく問いただした部門長
    6 派遣社員同士のいじめもパワハラなのか
    ケース6 同僚のいじめで抑うつ状態になった派遣社員
    7 部下の態度が悪く、つい怒鳴ってしまうのはパワハラか
    ケース7 同僚を誹謗中傷する社員を注意した人事部長
    8 部下同士のトラブルを放置するのはパワハラか
    ケース8 部下から「パワハラだ! 」と訴えられた
    9 パワハラと懲戒処分の関係
    ケース9 教授が大学院生へパワハラメール20通
    ケース10 部下を足げり、暴言。警部補を減給・降格
    ケース11 市民病院の薬剤師が部下にパワハラで処分。上司の管理監督責任も
    10 指導の延長で人格否定や非難を行うとパワハラに
    (1)パワハラとセクハラの違い
    (2)適切な指導がパワハラに発展する理由

    第5章 パワハラへの対処法を知る
    1 必ず対処すべきレベルのパワハラ問題
    (1)レベル1:犯罪行為にあたる
    (2)レベル2:労働法にからむ問題がある
    (3)レベル3:社員がメンタル不全になる
    2 会社や部門によって対応が異なるレベル
    (1)嫌悪感や怒り、不安をぶつけてしまう
    (2)過大要求をしてしまう自分の意識チェックシート
    (3)部下側の問題から誘発されるパワハラ
    3 「行為」を叱って、「人」を叱らず
    (1)常識のない部下をどう指導するか
    (2)具体的な改善策をともに考える
    (3)本人が納得できるように説明する

    第6章 パワハラにならないコミュニケーションを身につける
    1 効果的なコミュニケーション法
    (1)メールやLINEで叱責をともなうような指導はしない
    (2)部下の意欲を引き出す伝え方
    2 「業務上必要なのか」を問う
    (1)使い走りはパワハラか
    (2)上司も部下も人としては対等
    3 どんな言葉で伝えたらいいのか
    (1)言葉で線引きはできない
    (2)部下が受け入れやすいコミュニケーションのコツ
    4 言葉以外のメッセージを理解する
    (1)パワハラととられる体の動き
    (2)部下の誤解を防ぐポイント
    5 自分の感情を大切にする
    (1)あなたはイライラしていないか
    (2)がまんしないですぐに指摘する
    6 問題が起こったらどうするか
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    岡田 康子(オカダ ヤスコ)
    1954年生まれ。中央大学卒業、早稲田大学大学院MBA。1988年新事業のコンサルティングを行う(株)総合コンサルティングオアシスを設立。90年にメンタルヘルスの研修と相談を行う(株)クオレ・シー・キューブを設立し代表取締役就任。パワーハラスメントという言葉をつくり出し、公的機関や企業への講演研修を数多くこなす一方で、職場のハラスメント防止対策プログラムの開発を行う。2011年度厚生労働省主催「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議」および「同円卓会議ワーキンググループ」メンバー。2017年度厚労省主催「職場のパワーハラスメント防止対策についての検討会」委員

    稲尾 和泉(イナオ イズミ)
    1967年東京都生まれ。大学卒業後、地方公務員、電機メーカー勤務等を経て、2003年4月より(株)クオレ・シー・キューブにてカウンセラーおよび主任講師。産業カウンセラー/キャリア・コンサルタント、精研式SCT(文章完成法テスト)修士、日本産業カウンセリング学会会員。厚労省主催「パワーハラスメント対策企画委員会」委員(2016~2018年度)
  • 出版社からのコメント

    どうすればパワハラを防げるのか。言葉遣いや仕草の注意点、適切なコミュニケーションの取り方を、ケースに基づいて実践的に解説。
  • 内容紹介

    どうすれば問題なく“指導"ができるのか?

    職場で相手より優位な立場にあることを利用して行ういじめ・嫌がらせ、パワーハラスメント(パワハラ)が職場で大きな問題となっています。
    厚生労働省は「職場のパワーハラスメント防止対策についての検討会」を開催し、2018年3月、報告書をまとめました。今後、ガイドラインの策定などを通じて国の規制が強化されることが予想され、企業はいっそうの対策を迫られます。

    何がパワハラで、何がパワハラでないのか? どうすればパワハラにならず、部下を指導できるのか? 言葉遣いや仕草の注意点、適切なコミュニケーションの取り方などを実践的に紹介。

    厚生労働省・パワハラ防止対策検討会の報告書や最近の裁判例など最新の状況を踏まえ、ケーススタディも豊富に入れて、企業現場の実態に基づいて解説します。LGBT(性的マイノリティー)への配慮など、職場で問題となる様々なハラスメントへの対応も取り上げます。

    著者は「パワーハラスメント」という言葉を生み出し、厚生労働省・パワハラ防止対策検討会の委員もつとめた第一人者。豊富なコンサルティング経験をもとに、職場の実態に即した解説を行います。
  • 著者について

    岡田 康子 (オカダヤスコ)
    1954年生まれ。中央大学卒業、早稲田大学大学院MBA。1988年新事業のコンサルティングを行う㈱総合コンサルティングオアシスを設立。90年にメンタルヘルスの研修と相談を行う㈱クオレ・シー・キューブを設立し代表取締役就任。パワーハラスメントという言葉をつくり出し、公的機関や企業への講演研修を数多くこなす一方で、職場のハラスメント防止対策プログラムの開発を行う。2011 年度厚生労働省主催「職場のいじめ・嫌がらせ問題に関する円卓会議」および「同円卓会議ワーキンググループ」メンバー。2017 年度厚労省主催「職場のパワーハラスメント防止対策についての検討会」委員。
    著書に『上司殿! それは、パワハラです』(日本経済新聞出版社)『許すな!パワー・ハラスメント』(飛鳥新社)『管理職のためのパワーハラスメント論』(共著、実業之日本社)などがある。

    稲尾 和泉 (イナオイズミ)
    1967年東京都生まれ。大学卒業後、地方公務員、電機メーカー勤務等を経て、2003年4月より㈱クオレ・シー・キューブにてカウンセラーおよび主任講師。産業カウンセラー/キャリア・コンサルタント、精研式SCT(文章完成法テスト)修士、日本産業カウンセリング学会会員。厚労省主催「パワーハラスメント対策企画委員会」委員(2016~2018年度)。
    著書に『上司と部下の深いみぞ~パワー・ハラスメント完全理解』(共著、紀伊國屋書店)『あんなパワハラ こんなパワハラ』(全国労働基準関係団体連合会)がある。

パワーハラスメント 第2版 (日経文庫) [新書] の商品スペック

商品仕様
出版社名:日本経済新聞出版社
著者名:岡田 康子(著)/稲尾 和泉(著)
発行年月日:2018/08/10
ISBN-10:4532113970
ISBN-13:9784532113971
判型:新書
対象:教養
発行形態:新書
内容:経営
言語:日本語
ページ数:206ページ
縦:18cm
他の日本経済新聞社の書籍を探す

    日本経済新聞社 パワーハラスメント 第2版 (日経文庫) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!