親鸞の往生思想 [単行本]

販売休止中です

    • 親鸞の往生思想 [単行本]

    • ¥7,700231ポイント(3%還元)
親鸞の往生思想 [単行本]
画像にマウスを合わせると上部に表示
100000009003006288

親鸞の往生思想 [単行本]

価格:¥7,700(税込)
ポイント:231ポイント(3%還元)(¥231相当)
日本全国配達料金無料
出版社:法蔵館
販売開始日:2018/09/10
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 265276位

親鸞の往生思想 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    「往生」は、現生か死後か!?往生思想の本質を考察するとともに、親鸞の著作を汎く綿密に検討して、往生論争に終止符を打つことを目指した研究。
  • 目次

    序論
    第一部 親鸞の往生思想形成の背景
    第一章 往生思想の基本的性格/第二章 浄土三部経における往生思想/第三章 曇鸞の往生思想/第四章 道綽の往生思想/第五章 善導の往生思想/結章 第一部の結び
    第二部 親鸞の往生思想
      第一章 往生即成仏義と現生正定聚義/第二章 即得往生と与諸如来等/第三章 親鸞の和語聖教における本願成就文釈/第四章 親鸞教義における往生の意義/結章 第二部の結び
    第三部 親鸞の往生思想についての諸説とその検討
      第一章 親鸞の往生思想についての諸説概観/第二章 上田義文氏の説とその検討/第三章 松野純孝氏の説とその検討/第四章 寺川俊昭氏の説とその検討/結章 第三部の結び
    結論
  • 内容紹介

    親鸞が説く「往生」は、現生か死後か――!? 往生思想の本質を考察するとともに、親鸞の著作を汎く綿密に検討して、往生論争に終止符を打とうとする注目の一冊。
    【目次】
    序論
    第一部 親鸞の往生思想形成の背景
    第二部 親鸞の往生思想
    第三部 親鸞の往生思想についての諸説とその検討―特に現生往生説について―
    結 論
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    内藤 知康(ナイトウ トモヤス)
    1945年、大阪府に生まれる。龍谷大学大学院文学研究科修了、宗学院卒業。現在、龍谷大学名誉教授、本願寺派勧学寮員、福井県覺成寺住職(福井教区若狭組)
  • 著者について

    内藤 知康 (ナイトウトモヤス)
    1945年、大阪府に生まれる。龍谷大学大学院文学研究科修了、宗学院卒業。現在、龍谷大学名誉教授、本願寺派勧学寮員、福井県覺成寺住職(福井教区若狭組)。主な著書に、『聖典読解シリーズ5 正信偈』、『増補版 やわらかな眼』、『親鸞聖人のことば』(共著)、『御文章を聞く』、『安心論題を学ぶ』、『顕浄土真実行文類講読』ほか、論文多数。

親鸞の往生思想 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:法藏館 ※出版地:京都
著者名:内藤 知康(著)
発行年月日:2018/09/20
ISBN-10:4831887641
ISBN-13:9784831887641
判型:A5
対象:専門
発行形態:単行本
内容:仏教
言語:日本語
ページ数:382ページ
縦:22cm

    法蔵館 親鸞の往生思想 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!