レシピにたくした料理人の夢―難病で火を使えない少年(角川つばさ文庫) [新書]
    • レシピにたくした料理人の夢―難病で火を使えない少年(角川つばさ文庫) [新書]

    • ¥74823ポイント(3%還元)
    • 在庫あり2022年12月11日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
100000009003007672

レシピにたくした料理人の夢―難病で火を使えない少年(角川つばさ文庫) [新書]

価格:¥748(税込)
ポイント:23ポイント(3%還元)(¥23相当)
フォーマット:
専用電子書籍リーダアプリ「Doly」が必要です。無料ダウンロード
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、2022年12月11日日曜日までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:KADOKAWA
販売開始日: 2018/09/15
お取り扱い: のお取り扱い商品です。
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

店舗受け取りが可能です
マルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました

レシピにたくした料理人の夢―難病で火を使えない少年(角川つばさ文庫) の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    だんだん体が動かなくなる難病「脊髄小脳変性症」の母にかわり、6歳で台所に立ち始めた昇兵は、いつしか料理人を夢見るように。しかしある日、自分も母と同じ病にかかっていることを知る。どうしてうちだけ…どうしてオレだけ!病気のせいで火を使うことも禁止され、料理人への夢を絶たれた昇兵。そんな彼に再び前を向かせたのは、「火を使わないレシピ」という新しい夢だった―。希望をつなぐ、感動の実話。小学中級から。
  • 目次(「BOOK」データベースより)

    序章 光と影
    1 六歳の料理人
    2 奪われた、輝く日々
    3 人生を変えた再会
    4 夢をあきらめた日
    5 ふたたびの情熱
    6 夢のつづき
    最終章 ひとりじゃないから
  • 出版社からのコメント

    火が使えなくても、料理はできる。障がいがあっても、夢はかなう。
  • 内容紹介

    だんだん体が動かなくなっていってしまう難病「脊髄小脳変性症」の母に代わり、6歳で台所にたち始めた昇兵は、やがて料理人を夢見るように。
    しかしある日、自分も母と同じ病におかされていると知らされる。
    どうして――!
    どうしてうちだけ――!!
    病気によって「火を使うこと」を禁止され、料理人への道をとざされ、自暴自棄になった昇兵。
    そんな彼をふるいたたせたのは、「火を使わずに作れる料理」のレシピをつくる、という新しい夢だった。
    テレビや新聞でも話題!
    全国で感動をよんだ、勇気のノンフィクション。

    図書館選書
    だんだん体が動かなくなる難病の母に代わり、6歳で台所にたち始めた昇兵は、やがて料理人を夢見るように。しかし、なんと自分も同じ病気にかかっていることがわかって…? 難病とたたかう勇気のノンフィクション。
  • 著者紹介(「BOOK著者紹介情報」より)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

    百瀬 しのぶ(モモセ シノブ)
    作家・ライター。ノンフィクションライターとしても幅広く活躍する
  • 著者について

    百瀬 しのぶ (モモセ シノブ)
    作家・ライター。主な作品に『この学校に、何かいる』、『世界を動かすことば 世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ』(ともに角川つばさ文庫刊)などがある。ノベライズ作品に、「悪夢ちゃん」シリーズ、『ももへの手紙』(ともに角川つばさ文庫刊)、『おくりびと』『海街diary』(ともに小学館刊)など多数。ノンフィクションライターとしても幅広く活躍する。

レシピにたくした料理人の夢―難病で火を使えない少年(角川つばさ文庫) の商品スペック

商品仕様
出版社名:KADOKAWA
著者名:百瀬 しのぶ(文)/よん(絵)
発行年月日:2018/09/15
ISBN-10:4046318015
ISBN-13:9784046318015
判型:B6
発売社名:KADOKAWA
対象:児童
発行形態:新書
内容:日本文学評論・随筆
言語:日本語
ページ数:188ページ
縦:18cm
他のKADOKAWAの書籍を探す

    KADOKAWA レシピにたくした料理人の夢―難病で火を使えない少年(角川つばさ文庫) [新書] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!