正信偈の講話 新装版 [単行本]
    • 正信偈の講話 新装版 [単行本]

    • ¥2,64080ポイント(3%還元)
    • 在庫あり本日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届け
店舗受け取りが可能です
NEWマルチメディアAkibaマルチメディア梅田マルチメディア博多にて24時間営業時間外でもお受け取りいただけるようになりました
100000009003011065

正信偈の講話 新装版 [単行本]

価格:¥2,640(税込)
ポイント:80ポイント(3%還元)(¥80相当)
お届け日:在庫あり今すぐのご注文で、本日16:00までヨドバシエクストリームサービス便(無料)がお届けします。届け先変更]詳しくはこちら
出版社:法蔵館
販売開始日:2018/09/12
ご確認事項:返品不可

カテゴリランキング

  • 書籍
  • - 132768位

正信偈の講話 新装版 [単行本] の 商品概要

  • 要旨(「BOOK」データベースより)

    浄土真宗において最も親しまれ、真宗教義が凝縮された「正信偈」を、希代の名布教家が説く。お寺で一般の方々に向かって説いた四十二回の講話をまとめた、「正信偈」講話の決定版。
  • 目次

    正信念仏偈

    偈前の文

    依経段
    総讃
    弥陀章
    釈迦章
    結誡

    依釈段
    龍樹章
    天親章
    曇鸞章
    道綽章
    善導章
    源信章
    源空章
    結勧

    あとがき
  • 出版社からのコメント

    真宗の肝要が凝縮された「正信偈」について、一句一句を取り上げ易しく解説。お寺で一般の人々に説いた、42回にわたる講話を収録。
  • 内容紹介

    浄土真宗において最も親しまれ、さらに真宗教義の肝要が凝縮された「正信偈」を近代教学の立場から、希代の名布教家が説く。お寺で一般の方々に向かって説いた42回の講話をまとめた、「正信偈」講話の決定版とも言える一冊。


    本書『正信偈の講話』は、昭和六年、暁烏敏五十四歳の時のものである。正月から春の彼岸会まで、自坊の行事や村のお講などで折にふれて語られた法話の記録である。「正信偈」の一句一句が順に説き明かされながら、敏の講話の常として、必ずしも学問的にこだわることはなく、しかし決して俗な話に流されることはない。経文の奥へ奥へと分け入りながら、村のお年寄りに分かり易いような譬え話あり、時事もあり、自らの思い出もある。その、臨機応変の中で何か与えられる深さと魅力は、今に至るまでおそらく何人も比肩し得ないものではなかろうか。(あとがきより)
  • 著者について

    暁烏 敏 (アケガラスハヤ)
    明治10年7月12日生まれ、昭和29年8月27日没。石川県石川郡出城村字北安田の明達寺に生まれる。明治26年京都大谷尋常中学校にて、生涯の師清澤満之に出会う。明治33年真宗大学本科第二部(天台科)を卒業、東京外語学校露語科中退。「浩々洞」同人となり、師清澤の下で雑誌『精神界』を発刊。明治36年より『歎異抄を読む』を連載。内外の各地で講演。大正4年明達寺に帰る。大正10年個人出版「香草舎」創立、『にほひぐさ叢書』刊行開始。大正15年インド仏蹟巡拝、ヨーロッパ旅行。昭和4年ハワイ・アメリカ講演旅行。昭和6年月刊誌『願慧』の発行部数一万部に達する。昭和20年頃より生来の近視が悪化し盲目となる。昭和25年蔵書五万部余を金沢大学へ暁烏文庫として寄贈。昭和26年真宗大谷派宗務総長に就任。著書に『歎異抄講話』『仏説無量寿経講話』『触光手記』『更生の前後』他多数。

正信偈の講話 新装版 [単行本] の商品スペック

商品仕様
出版社名:法藏館 ※出版地:京都
著者名:暁烏 敏(著)
発行年月日:2018/09/20
ISBN-10:4831865605
ISBN-13:9784831865601
判型:B6
対象:一般
発行形態:単行本
内容:仏教
言語:日本語
ページ数:411ページ
縦:19cm

    法蔵館 正信偈の講話 新装版 [単行本] に関するレビューとQ&A

    商品に関するご意見やご感想、購入者への質問をお待ちしています!